6月10日放送の「ミュージックステーション 2時間スペシャル」(夜8:00-9:48、テレビ朝日系)では、King & Princeが最新アルバム「Made in」の収録曲「ichiban」をテレビ初披露する。同曲は、作詞・作曲をHIPHOPアーティストのKREVAが、振り付けを世界的ダンサー・RIEHATAが担当。

平野紫耀は「この曲は、“俺たちが一番だ!ついてこいよ!”というような、少し自信過剰でイケイケな曲。KREVAさんと世界的ダンサーのRIEHATAさんに作り上げていただいたこの楽曲を、どう僕たちらしく表現するのか注目してください!」とコメント。5人は、ラップと圧巻のダンスパフォーマンスを繰り広げる。

SixTONESは、松村北斗出演ドラマの挿入歌「わたし」をパフォーマンス。ドラマ内で突如オンエアされ話題となった同曲は、“隠していた本来の「わたし」の心が、恋に奪われていく様をドラマチックに表現したラブソング”で、松村は「曲中に何度か“有り得ない”というフレーズが出てくるのですが、その度に違う思いの強さで歌っています。ダンスとしぐさの中間のような、歌詞を断言したような動きがポイントです」と、見どころを明かした。

■最強ボーカリストのコラボが実現!

また、ポルノグラフィティの岡野昭仁とKing Gnuの井口理によるコラボも実現。岡野がさまざまなジャンルのアーティストと一緒に音楽を探訪する、「歌を抱えて、歩いていく」プロジェクトの第4弾は、King Gnu・井口とのコラボレーション。

岡野と井口の出会いは、井口がラジオでポルノグラフィティ好きを公言し、ラジオで勝手にポルノグラフィティ特集を組むなど、井口から発信される“ポルノ愛”を岡野が知り、後日、番組にサプライズ出演を果たしたことがきっかけ。

「MELODY (prod.by BREIMEN)」は、作詞・作曲をBREIMEN・高木祥太が担当し、2人のボーカリストが織りなす絶妙な歌声とサウンドが大きな聴きどころとなっている。

ほかにも、鈴木雅之が25年ぶりのMステ出演。鈴木が在籍したラッツ&スターが1983年にリリースし、倖田來未らにもカバーされてきた「め組のひと」をMステで初パフォーマンスする。

さらに、TRFとT.M.Revolutionによる、ヒット曲満載の「最強夏うたメドレー」、SEVENTEENの最新曲「HOT」、三浦大知のNHK連続テレビ小説主題歌「燦燦」など、豪華企画満載の2時間スペシャルとなっている。

■出演アーティスト&楽曲

岡野昭仁×井口理「MELODY (prod.by BREIMEN)」
King & Prince「ichiban」
鈴木雅之「め組のひと」「GIRI GIRI」
SixTONES「わたし」
SEVENTEEN「HOT」
TRF「EZ DO DANCE」「survival dAnce 〜no no cry more〜」
T.M.Revolution「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」
三浦大知「燦燦」