声優の宮野真守が6月11日、都内にて開催された映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」初日舞台挨拶に、野沢雅子、古川登志夫、神谷浩史、入野自由、児玉徹郎監督と共に出席。古川とのアフレコに、幼少期に行っていたドラゴンボールの真似を「本物にしてもらえた感があった」と振り返った。

1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」で大人気作品として連載され、連載終了後もテレビアニメ・映画・ゲームなど様々なメディアミックスでファンを魅了し続ける鳥山明の伝説的漫画「DRAGON BALL」。

原作者である鳥山の原案による新シリーズとして2015年にスタートした「ドラゴンボール超」の最新映画となる本作では、主人公・孫悟空の息子である孫悟飯と、その師匠・ピッコロの活躍を中心に描く。

■「大ファンなんです、僕。ドラゴンボールの」

宮野は「大ファンなんです、僕。ドラゴンボールの。今日もいっぱいちびっこも見に来てくれていて、ああやって僕も目をキラキラさせながらドラゴンボールを見ていました」と今作への出演に歓喜。

「その時は僕も声優をやるなんて思っていませんでしたけど、彼ら(子どもたち)が声優になるかもしれない。ドラゴンボールに出るかもしれない。そんな夢をも見させてくれるような、ずっと続いている作品ですから。そんなレジェンド級の作品に参加できて本当に幸せに思います」と喜びをかみ締めた。

今作については「大ファンの僕ですから、今回はレッドリボン軍が主になっているところがとても興奮する材料でございました」とコメント。

続けて「懐かしい映像だったり、ファンがわくわくするような展開を用意してくれているんですよね。知っている人は興奮するし、それだけじゃなく、スーパーヒーローの素晴らしさを教えてくれる作品。素敵なものがいっぱい詰まっている映画だなと思いました」と魅力をアピールした。

■「思いっきりやれましたね」

アフレコでは、ピッコロ役の古川と共に収録を行ったという宮野。

「ドラゴンボールの戦い方って独特というか、バトルもののパイオニアじゃないですか」と話し、「古川さんの戦い方を見て、僕も子どもの頃に真似事でやっていた、やられた時の『あ、あ、あ...』とか、連続攻撃の『だだだだだ...』とかも、一緒にやると本物にしてもらえた感があって。思いっきりやれましたね」とファン目線で興奮気味に語っていた。

◆取材・文=山田健史