眞栄田郷敦主演の夜ドラ「カナカナ」(毎週月〜木曜夜10:45-11:00、NHK総合)。マサ(眞栄田)と暮らすことになった少女・佳奈花を演じる加藤柚凪のかわいさだけではない演技のうまさが注目されている。その佳奈花の友人候補の女の子として第6回から落井実結子が、そして6月13日放送の第17回ではマサの店の常連客の息子役で森優理斗が登場し、加藤と共に物語を盛り上げている。(以下、ネタバレがあります)


■天然ボケのマサとおませな佳奈花のハートフルな物語

“夜ドラ”とは、“朝ドラ”こと連続テレビ小説の夜版ともいうべきドラマ枠で、2022年の4月に新設。本作はその第2弾となる。

原作は、「今日から俺は!!」(小学館)で知られる西森博之氏の同名漫画。100人相手のケンカに勝った伝説を持つ元ヤンキー・マサと、人の心が読める、ちょっとおませな5歳の女の子・佳奈花が織りなすハートフルコメディーが展開する。

遠縁の佳奈花を預かり、親代わりとして3カ月の試用期間を過ごす“仮免ファーザー”のマサ。佳奈花がマサと初めて会ったのは偶然だったのだが、そのときマサから南の海のイメージを感じ取った。それは人の心が読める能力がある佳奈花にとって、初めてのことで、「この人となら…」と直感で思ったのだった。

■心を読める能力を持つ難役を加藤柚凪が好演

佳奈花を演じている加藤は、2015年6月13日生まれで、ちょうど第17回の放送日に7歳となった。

加藤が注目されたのは、フジテレビ系のドラマ「監察医 朝顔」シリーズ。当時4〜5歳だった加藤は、主人公の娘役でナチュラルな演技を披露し、「癒される」「天使すぎる」など視聴者をメロメロにした。

それからドラマや映画で経験を積み重ね、今回もかわいさはそのままなのだが、人の心が読める能力を持っているという難役を見事にこなしている。

自分の能力をギャンブルに生かそうとする叔父・沢田(武田真治)に対するおびえをはじめ、困惑したり、悩んだりといった感情表現が伝わる表情作り。また、相手の心の中を読み取ってそれに対する語りや受けの演技でも視聴者をうならせている。

■大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも出演する落井実結子と森優理斗

マサが佳奈花に友達を作ろうと公園デビューする様子を描いた5月24日放送の第6回では、町一番の名家の娘・英子として落井実結子が登場した。

落井は2014年3月14日生まれ。映画、ドラマと活躍を広げているが、現在放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源頼朝(大泉洋)と政子(小池栄子)の愛娘・大姫の子ども時代を演じている。時代劇と現代劇で外見の印象も異なったため、すぐには気づかなかった視聴者も。「どうりで可愛い子だと思ったわ」「芸達者」「演技が上手すぎて大姫の時と別人みたい」といった声が寄せられている。


また、同じく「鎌倉殿の13人」で主人公・北条義時(小栗旬)の長男・金剛の子ども時代を演じた森優理斗が、6月13日放送の第17回に登場した。森は2014年1月22日生まれの8歳。

第17回は、マサが店の常連で子育てに悩んでいた本原(勝矢)の息子・剛士(森)を一日預かるというストーリー。泣き虫な一面がある剛士だが、男親のかっこよさを見せようとするマサとザリガニ釣りに行き、「勇者ザリィ」とはしゃぐ、無邪気な表情を見せた。

ラストでは、剛士と共に佳奈花がお寺での“子ども合宿”に参加することに。大人を驚かせる演技を見せる子役たちの活躍が今後も楽しみだ。

◆文=ザテレビジョンドラマ部