タレントの田原俊彦が6月21日、都内にて開催された「新ライン『黒山乃が美』発表会&試食会」に、フリーアナウンサーの宇賀なつみと共に出席。デビューから43年目を迎え、変わらないアイドル精神を見せた。

高級“生”食パン専門店「乃が美」による新作“生”食パン「黒山乃が美」が発表された同イベント。

田原は「乃が美さんは5年くらい前から食べてますね。週に2、3回食べていて、大阪の友達から紹介してもらったんですけど、それからよく食べるようになった」と乃が美の食パンを日ごろから食していることを明かし、「僕の周りのスタッフとか友達関係にも『乃が美めっちゃうまいぞ』といつも紹介しています」と打ち明けた。

また、この日がデビューから43年目の記念日である田原は「丸42年たったんだな。『金八先生』から数えたら43年かな」としみじみ。

「あの日『哀愁でいと』でデビューして、6月22日(水)に78枚目の新曲『ロマンティストでいいじゃない』というのをリリースするんですけど、こうやってタイミングよく乃が美さんとコラボさせていただいてうれしいです」と喜びをかみ締めた。

さらに、アイドルとしてこだわり続けていることを聞かれると「不動心」と答え、「この言葉は僕、ずっと好きなんです。42年この世界にいて、いろんな場面がありましたけど、一年一年継続してコツコツやっていれば必ずいいことが起こる」と持論を展開。

続けて「僕は前向きに、『日々明るく楽しくハッピーに!』をモットーに、変わらず“THEアイドル”。ハッピーに元気にこの世界で頑張っていけたらなという思いで、心は変わっていません!」と不動のアイドルを宣言した。

この日、共に登壇した宇賀が「母が田原さんの大ファン」と明かせば、カメラ越しに宇賀の母へとメッセージを送る気さくさも見せる。

田原と同じく山梨出身だという宇賀の母に向けて「お母さん、同じ山梨出身者として今後もご指導ご鞭撻よろしくお願いします。なつみちゃんは元気にやっています。昨日36歳に無事になられて、家庭も仕事も非常に充実して、盛り上がっているらしいです。これからも長くゆっくり愛してください」と呼び掛けると、宇賀は「ありがとうございます! (母が)泣いちゃうと思います、本当に」と感激していた。

◆取材・文=山田健史