ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政がMCを務める、“オトコ”と“オンナ”のリアルを射ぬく恋愛バラエティ番組「ニューヨーク恋愛市場」(毎週火曜夜11:00-11:45、ABEMA SPECIALチャンネル)の #33が、ABEMA SPECIALチャンネルにて6月21日に放送され、ジェラードンのかみちぃとアタック西本、モデルで女優の古畑星夏をスタジオゲストに迎え、世の女性たちが男性のどんな仕草や行動から“嘘”を察知するのか、その実態を調査する企画「男子が嘘つくときの怪しいサイン」を行った。

オープニングでは、過去に1度も彼氏の嘘が発覚したという経験がなく、「“わからない派”なんです。だから、ある意味、得してるのかなと思ってるんです」と明かした古畑に、屋敷が「いちばんいい女性ですよ」「(古畑も彼氏も)ずっと幸せやん」と絶賛するが、番組進行役の西澤由夏ABEMAアナウンサーは、「そもそも(男性が)嘘をつくのがよくない」と断言する。その西澤アナの発言に、屋敷は「そんなん言うなよ、冷めるな〜」「じゃあ、全部、本当のこと言ったら、どうなんねん!」と反論し、もはや番組恒例とも言える西澤アナと屋敷の言いあいからスタートとなった。

■「男子が嘘つくときの怪しいサイン」

“女の勘で気づいた「男の嘘」”をテーマに街頭調査を行う。さらに今回は、これまで多くのダンサーが番組に出演し、なじみの深いショークラブのバーレスク東京にも潜入し、“男の嘘”を見ぬいた女性ダンサーたちの実体験に、スタジオでは驚きや共感の声が上がった。

そんななか、バーレスク東京で2013年から約5年間、ボーイとしてアルバイトをしていたというアタック西本について、当時を知るダンサーが「ちゃっかり、ダンサーの子とつきあっていた」と暴露したことで、スタジオは騒然となる。衝撃事実の発覚に、ニューヨークから「ご法度でしょ!?」と追求を受けたアタック西本は、「ご法度もご法度!ぜったいやっちゃダメ」と認めつつも、その女性について「あんまり女性仲間とつるまない一匹狼的な感じで、仕事終わりにバイトの男の子たちをごはんに連れていってくれた、姉御肌的な感じの人」と明かし、当時は、周囲に内緒でつきあっていたと語った。

さらに、そのときの彼女が、“今の奥さん”だと明かしたアタック西本に、スタジオは驚き、屋敷も「ご法度結婚だ」「めっちゃええ話やん」ともらすなど、大興奮の一同だった。

■「私が、全部、悪かったんで」

また、かみちぃは、交際12年になる彼女、TEAM BANANAの山田愛実とのエピソードを披露し、スタジオを震撼させる。

つきあいはじめた当初、ファンとSNSのダイレクトメッセージでやりとりをしていたことがあるというかみちぃは、それが瞬時に山田にバレてしまった。実は、山田が、かみちぃのSNSのパスワードを解読し、DMでのやりとりをずっと見ていたのだという衝撃の真相にドン引きとなる。

そんなスタジオの空気に「私が、全部、悪かったんで」と納めたかみちぃに、一同、爆笑だった。