Snow Man・阿部亮平が7月5日放送のクイズバラエティー番組「今夜はナゾトレ」(毎週火曜夜7:00-8:00、フジテレビ系)に新レギュラーとして出演。同番組はこの回からリニューアル、新ルールも導入された。(以下ネタバレがあります)

■ナゾトレに唯一足りないのがイケメンだったから(笑)

新ルールでは、チームキャプテンとなる有田哲平、タカアンドトシ、柳原可奈子、阿部、宇治原史規が本番直前にくじを引いてゲストとのペアリングを決定する。また、解答席は、1位から6位までが階段状に横並びになり、問題ごとにポイントが加算され、順位変動のたびに階段状の席を移動、司会の上田晋也に一番近い席を目指していく。

「ナゾトレ」には、これまで何度もゲストとして出演してきた阿部は、この日はダークな色味のセットアップに白の上品なボウタイ付シャツ…とフォーマルな衣装で登場。上田から新レギュラーとして紹介され、ニコニコしながらガッツポーズでアピールすると、上田は「良かった!ナゾトレに唯一足りないのがイケメンだったから(笑)」とコメントするなど歓迎モード。

■上田に向かって一生懸命手を振る阿部亮平

そんなイケメン・阿部はこの日、ゲストのふくらPとペアを組んで参戦した。最初はビリの位置で上田から一番距離がある席からスタート。上田が「遠いなー」と2人を見やると、阿部が「だいぶ離れてますー」と言いながら、ふくらPと共に一生懸命手を振るシーンも。

ふくらPが「優勝目指します」と意気込むも席のせいで声が遠かったため、上田が「ほぼ何を言ったかわかりませんが(笑)」とツッコむと、すかさず阿部が「拡声器ください!拡声器!」と要請するなど、レギュラー初回にして息はばっちり。

阿部は、ふくらPともアクリル板越しにガッツポーズをしたり、エアタッチしたりと楽しそうな様子を見せながらクイズに挑戦。

1問目ではビリ席にいた阿部・ふくらPペアだったが、2問目を終えたところで早くもトップに立ち、クイズに強いところを見せた。しかし予測できない展開で順位が次々入れ替わり、阿部&ふくらPは段々上田から遠い席に。

それでも、英単語の正しい綴りを答える問題では「80(ポイントの問題にいく)?」と言うふくらPに、阿部が「80だよね。gumなのか、gamなのか」と低音ボイスで答えるなど、少しでも高ポイントを狙って奮闘。だが、残念ながら最下位となってしまい、罰ゲームとして、トシ・高橋真麻ペア、タカ・柴田理恵ペアと共に「ブリザード」(冷たい風)を浴びる羽目に。阿部は後ろで手を組み衝撃に備えつつ、真正面から冷風を浴びていた。

順位としては残念だったが、ほのぼの癒しムードたっぷりにレギュラーとしての初陣を飾った阿部にSNSでは、「阿部ちゃん、新レギュラーおめでとう!」「残念だったけど、これから阿部ちゃんの活躍が見られると思うと楽しみです」「阿部ちゃんがカッコ良くてかわいくて目が離せなかった」「ほっこりした」「ふくらPとのコンビかわいくて癒された!またリベンジしてほしい」「天使でした」といった声が寄せられていた。