7月11日(月)よりスタートする、Sexy Zone・佐藤勝利主演のドラマ「赤いナースコール」(毎週月曜夜11:06-11:55、テレビ東京系)のオープニングテーマが、Sexy Zoneの「Sleepless」に決定した。

同作は、企画・原作を秋元康が担当した完全オリジナルドラマで、病院を舞台に描かれる“史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンス”。

ひと組のカップルが事故を起こしてしまい、とある病院に入院することに。だが、「この病院何かがおかしい…!?」。個性豊かで奇妙な入院患者たち、何か含みのある医者や看護師たち、一見すると普通なのに拭いきれない違和感をまとった病棟、そして並行して病院の外で起きている連続殺人の謎。

“5分に1回の恐怖”をテーマに、「この病院で何が起きているのか」「なぜ、人が死んでいくのか」「主人公たちはなぜ、この病院に入院したのか」など、さまざまな人間ドラマと恐怖を伴うミステリーが展開されていく。

■力強いメッセージが込められた「Sleepless」

オープニングテーマは、Sexy Zoneの「Sleepless」に決定。

誰もが人生の中で抱えた事があるであろう、うまくいかない閉塞感、焦燥感。「迷いの中でこたえが見つからなかったとしても、それでもやってくる新しい朝を自分らしく迎え、歩き続けよう」という力強いメッセージを、キャッチーなサウンドに込めた楽曲になっている。

■北川俊樹(テレビ東京)プロデューサーコメント

「Sleepless」…眠れない、休めない、油断できない――。

まさに、ドラマ「赤いナースコール」をたった一言で言い当てている楽曲です。眠れない中、自身の境遇と生き方を語るその歌詞は、佐藤勝利さんが演じるドラマの主人公・春野翔太朗とオーバーラップし、不安を抱えながら夜を駆けて行くような疾走感ある曲調は、ドラマのオープニングを盛り上げ、眠れない夜を優しく肯定しくれるかのようなSexyZoneさんの歌声が、見る者・聞く者を引き込んでいきます。

何より、この「Sleepless」の歌詞が、ドラマの終盤に向けて大きな意味を成していく様を、皆さまぜひ、お見届けくださいませ。

■「赤いナースコール」第1話あらすじ

翔太朗(佐藤勝利)は、恋人のアリサ(福本莉子)の両親にあいさつをするため、彼女と共に車で実家へ向かっていた。だがその最中に事故を起こしてしまう。一命は取り留めたものの大けがを負ってしまった二人は、近くの病院に入院することに。

目を覚ました翔太朗は、アリサがいないことに気付くが、担当医らはなぜか言葉を濁して会わせようとしない。やがて翔太朗は、この病院に入院する患者や医者、さらには病院そのものが異様な雰囲気をまとっていることに気付く。

そして、会うことを禁止されていたアリサの病棟に忍びこんだ翔太朗に、とある出来事が降りかかる。