2022年10月から2クールにわたって放送される水谷豊主演ドラマ「相棒season21」(毎週水曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)が、このほどクランクイン。杉下右京役の水谷と、“5代目相棒”亀山薫として約14年ぶりにシリーズ復帰を果たす寺脇康文が現場で再会し、14年の歳月を感じさせない“阿吽の呼吸”で撮影がスタートした。

■5代目相棒・亀山薫に大きな反響

2000年にスペシャルドラマとして誕生して以来、国民的ドラマとして定着した「相棒」シリーズ。先日寺脇が「相棒season21」で5代目相棒として復帰すると発表され、ネット上では大きな反響を呼んでいた。

薫は不正がまん延する国で「子どもたちに正義を教えたい」と、警視庁を辞めて南アジアの小国・サルウィン(架空の国家)に渡り、それから右京と薫は一度も顔を合わせることなく長い歳月が経過。そんな2人がどんな形で再会し、どのようにストーリーが展開していくのかにファンの関心が集まる中、「相棒season21」がクランクインを迎えた。

14年ぶりに「相棒」の現場で再会を果たした寺脇のあまりにも変わらない“亀山薫ぶり”に、右京役の水谷は「おー、亀山くん!」と笑顔で肩を抱き寄せた。スタッフを含め、その場にいる全員から寺脇へ「おかえりなさい」という温かい拍手が送られる中で撮影がスタートした。

■ブランクを感じさせない“阿吽の呼吸”

「相棒season21」は右京と薫が再会する、という重要なシーンから始動。14年の歳月を感じさせないほど、自然な2人による“阿吽の呼吸”で進んでいく撮影に、思わず寺脇が「14年もたった感じがしないですね」と感想をこぼすと、水谷も「ほんとに。亀山くんは2、3カ月サルウィンに行っていたって感じ(笑)」とうなずく場面も。

真剣な撮影の後、カットがかかれば互いに顔を見合わせ笑い合うなど、和やかな雰囲気に包まれた撮影現場。そこに存在する寺脇“薫”は、14年の歳月など微塵も感じさせないほど、すでに「相棒」の世界に溶け込んでいた。

また、公開された写真では、右京が見慣れた英国紳士風のスーツとは違い、フォーマルな装いに。そして、Tシャツにフライトジャケットが定番スタイルだった薫も一風変わった格好をしており、2人がどんな形で再会するのか、謎は膨らむばかりだ。