全64試合無料生中継される「FIFA ワールドカップ カタール 2022」開幕前の想いを激白する、毎週1回放送の「サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE」(毎週水曜夜11:00-11:30、ABEMA SPECIAL2チャンネル)の「堂安律選手編」と「三笘薫選手編」が、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて7月20日に放送された。

7月20日放送の第2回目では、堂安律選手と三笘薫選手の独占インタビューを公開した。スタジオには、前回に続き、元日本代表の中村憲剛とTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのRIKUが登場し、また、LiSAによるABEMA×テレビ朝日「 FIFA ワールドカップ カタール 2022」番組公式テーマソング「一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)」が挿入歌となっている。

■堂安律選手の独占インタビューでは

堂安選手の独占インタビューでは、日本代表や「FIFA ワールドカップ カタール 2022」に懸ける並々ならぬ想いを明かした。

ガンバ大阪で史上最年少ゴールを記録し、華々しくJリーグデビューすると、20歳という若さで代表初ゴールを決めた、若きウィングストライカーの堂安選手は、常に理想の自分を追い求め、人と一緒を嫌う「究極のカッコつけ」だと語る。

6月のチュニジアとの強化試合では0-3と完敗後、本田圭佑の「なあ。サッカーやるなら、上目指せよ。」というツイートに堂安選手は、「日本代表のことでしょうか?」と反応し、これにはRIKUも「ひやっとした」と驚く。ただ、堂安選手としては、率直に日本代表のことについて言っているのか気になったと話し、本田にかみついているという世論の解釈については「間違い」と一掃した。本田も「見てません、どうでした?」と否定したが、堂安選手は「たとえ(日本対チュニジアの)試合を90分見ていたとしても、本田さんは同じように感じたかも知れません。だからといって『ワールドカップ』優勝の夢は変わりません。11月、楽しみにしていてください」と返答したことについて、「本田氏をリスペクトしているからこそ、彼に約束して、自分にプレッシャーをかけたかった」と回答した。

「FIFA ワールドカップ カタール 2022」のアジア最終予選のオーストラリア戦では、堂安選手は日本代表から落選し、その当時、「逆境大好き人間、がんばりまーす!あ、怪我してません!!」とツイートした意味について、「怪我したから堂安、外れたんだと思われるのがすごい嫌で、堂々と俺、外れましたって、みんなにわかってほしくて」と心境を語った。同試合で日本代表は勝利し、7回目の「FIFAワールドカップ」出場を決めたことについては、「応援してるんだけど、目は笑ってない。自分はめちゃくちゃくやしい想いがあった」「腹立つ気持ちも出てきてた」と告白する一方で、「自分の感覚では、一度も日本を助けられた感覚が無く」「最終的に、信頼できない理由がどこかにある」など、自らを冷静に客観視する場面もあった。一度は落選を経験したからこそ、勝者のメンタリティーを強く意識する堂安選手は、「日本を俺が勝たせてやる」と熱く意気込んでいた。

日本代表に足りない要素については、「ゼロの状態から何かビッグチャンスを作れる選手は、日本人にはいない」と回答し、だからこそ「ひとりで局面を変えるようなプレーを、『ワールドカップ』という最高の舞台でやりたい」とゆるがない決意をした。

スタジオでは中村が、「日本代表にはこういうタイプの選手が必ず必要」「人一倍ギラギラしている、こういう選手がきつい時に救ったりする」と期待し、RIKUは「プレースタイルはスマートな印象でしたが、その裏には熱い思いがあった」「サッカー選手のインタビューをまじまじと見ることもないので、もっと選手のことを知った上でプレーを見ると、もっとおもしろい」とコメントした。

■三笘薫選手の独占インタビューでは

三笘選手の独占インタビューでは、これまでのサッカー人生や、「FIFA ワールドカップ カタール 2022」に懸ける思いを明かした。

小学生の頃から川崎フロンターレの下部組織に所属していた三笘選手は、高校卒業後にトップチームからの誘いを断って、筑波大学への進学を決断する。その理由を「すぐに活躍できるイメージがわかなかった。大学に行って、試合を経験して、人としてもサッカー選手としても長期的にやっていくほうが自分にあってると思った」と打ち明けた。

そして卒業後は、プロ2年目にしてベルギーリーグで攻撃力を武器に活躍し、日本代表招集への切符をつかんだ。海外での経験について、「海外に出て活躍したら、日本代表に選ばれると思って、海外に行った」と語り、芯のとおった戦略的な一面も見られた。

また日本代表について、「オリンピック世代とA代表には、差があると感じていた」と本音を明かし、“シンデレラボーイ”と称されるきっかけにもなった、2021年のアジア最終予選での大一番のオーストラリア戦、日本を7大会連続「ワールドカップ」出場に導く2ゴールを決めた時の思いについて、「ここで活躍できないとそれまでの選手。ぜったい今日で決めてやると思っていた」と日本代表としての緊張感と熱い思いをふり返った。

最後に「FIFAワールドカップ」について、「きびしいグループですけど、日本代表として力をあわせていけば、本当に勝てると思う。自分たちがここまでやれるっていう姿をいろんな人に見せたい」と意気込みを語った。

スタジオでは中村が、「ひとりで完結する能力がある選手。ドリブルで仕かけてゴールまで行ける」と三笘選手の実力を称賛し、さらにRIKUは「(三笘選手は)プロセスも作れる選手。この番組をとおして、選手や得点の裏側にあるドラマやプロセスを知っていただけたら」とコメントすると、完璧な解説に中村は思わず「解説者の仕事、取られちゃいました」と感服する表情を見せた。