漫画家・カレー沢薫氏が、自身の抱える発達障害について描くコミックエッセイ「なおりはしないが、ましになる」(以下「なおまし」)2巻が7月29日(金)に出版された。1つのことしかできない、相手の顔を覚えられない、空気が読めない、部屋が片付けられないなど、長年様々な“困りごと”を抱えてきたカレー沢氏。1巻ではそんな彼女がメンタルクリニックで発達障害の診断を受け、発達障害の特性について知っていく様子が描かれた。2巻では引き続き日常生活における苦悩を描きつつ、発達障害とよりうまく付き合っていく具体的な方法についても触れられている。タイトルも印象的な本作、どんな思いで描かれたのか、そして発達障害と向き合う中で変化した点はあるのか。カレー沢氏と、間近で見守る担当編集・諸葛亮氏(仮名)に聞いた。

■発達障害の診断に「安心した。人間性の問題だと言われる方がキツイ」

発達障害とは、先天的な脳機能障害と言われている。作中でも明記されている通り、まだ発達障害になる原因ははっきりしていないが、精神的な病ではなく脳に理由があることは明らかだ。大きく分けると落ち着きがなく、なくしものなどが多いADHD(注意欠如・多動性障害)、コミュニケーションや空気を読むのが苦手なASD(自閉症スペクトラム障害)、読み書きや計算など学習の一部が極端に苦手なLD(学習障害)の3種類がある。

元々会社員として働きながら、兼業漫画家として活動していたカレー沢氏。会社を退職したことをきっかけに、かねてから懸念していた発達障害の可能性と向き合うこととなった。

「初めから『発達障害について描こう』というよりも、どちらかというと「次の連載何する?」という話から始まった形です。ちょうど会社をやめて動ける時間が増えていたので、自身が長年抱えている問題に向き合う良い機会だと思い、ついでに漫画のネタになれば良いなと思いました」(カレー沢氏)

「前作(『ニコニコはんしょくアクマ』『猫工船』)が終わった後、次はどんな連載にしようかと打ち合わせをしている中で、私の周りに発達障害の方がいて、その話をしたところ、カレー沢さんが『私も実はそうかもしれない』という話をしてくださいました。前々から、カレー沢さんはエッセイ力が大変高く、次作はエッセイを描いてみてほしいと思っていたので、せっかくならとことんこのことに向き合い、連載にしてみませんか、というお話をして、一緒に通院が始まりました」(諸葛亮氏)

こうしてクリニックを訪れ、検査の結果、発達障害の中で軽度のADHDとASDに当てはまると診断を受けたカレー沢氏。当時を振り返り「ショックが全くなかったわけではありませんが、安心の方が大きかった気がします。人間性の問題だと言われる方がキツイので」と語った。

■「できないことは諦めて、できることをやる」と生き方を変えるきっかけに

1巻ではカレー沢氏が発達障害の診断を受け、発達障害とはどういうものかを知っていく様子が描かれたのに対し、2巻は発達障害の人々が集まる場「マンスリーコムズ」で学んだ具体的な対応策など、発達障害の特性とよりうまく付き合っていく方法、「ましになる」方法も描かれていると感じる。

そもそも今の日本で、発達障害への理解はまだ深いとは言えないだろう。作中では発達障害の思考や行動パターンについて、マンガという形でわかりやすく表現されているため、当事者以外の周囲の人間が理解するために読むにも参考になる。ここにはカレー沢氏の意図があった。

「私も自身が発達障害じゃなかったら、積極的に発達障害について知ろうとは思わなかったと思うので、発達障害について知ってもらうことは大事ですが、あんまり周囲に『発達障害について理解して慮ってくれ』と言いすぎるのも逆効果かなと思います。『発達障害はこういうものだ』だけではなく『じゃあどうすればいいんだ』まで提示して広められたら良いと思うので、『なおまし』ではその点を意識しています」

実際、通院を始めてから“困りごと”が改善したと感じる点はあるのだろうか。

「コムズなどで得た工夫を実践すると生活は改善するのですが、それを継続するのが難しいので、油断するとまた元の状態に戻ったり、悪化もします。これは、定型の人がダイエットを始めたり諦めたりするのと大して変わらないなと思いました。ずっと改善に向かうわけではなく、一進一退です」(カレー沢氏)

一方で「電話にたまに出てくれるようになりました。年に1回ほど、催促前に目次コメントをくれることもあり、担当として大変嬉しいです」(諸葛亮氏)というコメントもあった。また、カレー沢氏は、発達障害と明確に診断されたことで気持ちの踏ん切りがついたと語る。

「発達障害自体は今のところ治るものではないので、診断を受けたことで正直諦めみたいな気持ちも感じるんですが、『できないことは諦めて、できることをやる』と生き方を変えるきっかけにもなると思います。なので、行き詰まっている方は一度診断をお勧めします」(カレー沢氏)

実際、発達障害そのものが原因で死に至ることはないが、発達障害によって対人関係が悪化し、生死に関わる鬱病や双極性障害を発症してしまうことがある。これを二次障害という。そういった事態に陥らないためにも、自身の発達障害を知り、対処方法を見つけていくことが大切なのだ。まさに「なおりはしないが、ましになる」である。なお、1巻を刊行した際にもこのタイトルが好評だったという。カレー沢氏も「読んだ方が『マシになる程度で良いんだ』と思えたなら良かったと思います」と語った。

■興味本位で面白がりたい人にも読んでもらいたい

「なおまし」は発達障害というヘビーな題材を描きつつも、決して暗い作品ではない。デフォルメされたカレー沢氏と諸葛亮氏の軽妙なやりとりをはじめ、思わず笑ってしまう場面も多い。

「キレキレのギャグと、物事を深刻に描きすぎず、とにかく『面白く』描かれるところが本当に素晴らしいなと思います。言葉のセンスやツッコミ力が尋常でなく高い方なので、カレー沢さんの手にかかると、ささいなエピソードも何百倍も面白くなります。キャラクターの捉え方も圧倒的なセンスで、いつも『なんだかおもしれーキャラの立った奴』になるので、さすがの一言に尽きます」(諸葛亮氏)

最後に「なおまし」をどんな読者に読んでもらいたいか尋ねた。

「発達障害について何かしらの思いを抱えている方、身近に発達障害の方がいて『どう接するのが正解かわからない』という方、とにかく毎日がどんよりしていて笑いたい、という方、いろんな方に読んでいただけたら嬉しいです」(諸葛亮氏)

「発達障害当事者や、そうじゃないかと悩んでいる方はもちろんですが、この漫画を(読者に)面白がってもらえるだけで、発達障害だからこそできることもある、と自分が発達障害に対してポジティブになれるので、ただの興味本位で面白がりたい人にも読んでもらいたいです」(カレー沢氏)