声優の釘宮理恵、下野紘、杉田智和が7月28日、都内にて開催された映画『ゴーストブック おばけずかん』公開御礼舞台挨拶に、城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介と共に出席。サプライズ登場した声優陣に柴崎が涙したことを受け、杉田が「こういう子たちに支えられている」としみじみと語った。

■釘宮、下野、杉田ら声優陣らのサプライズ登場に“涙”

この日のイベントでは、城、柴崎、サニーマックレンドン、吉村がまず登壇し、“推し”のおばけについてトーク。店主役の神木は、釘宮が声をあてた図鑑坊とのシーンが多かったため「図鑑坊が一番、絆が深いんじゃないかな」と語った。また、杉田が声を担当した山彦が推しだという城は、司会に促されるまま「おーい、山彦ー」と劇中さながら観客席に向かって呼びかける場面も。

すると「おーい、山彦ー」と杉田の声で返答が。釘宮、下野、杉田ら声優陣の登壇はキャスト陣へのサプライズであったため、思いがけない展開に一同は驚いた。その後、声優の三人が実際に壇上に現れ、神木、城らと対面。感想を求められた柴崎は「杉田さんと下野さんが自分の好きなアニメに出演している」と明かし、感激。「本当に泣きそうなくらいうれしくて、なにを話していいかよく分からない」と言い、涙を流した。

すると下野は「いい反応です、ありがとうございます」とにっこり。杉田も「こういう子たちに支えられているんです」と目尻を下げていた。また神木は、本作の撮影で釘宮と話す機会があったそう。神木が釘宮にあいさつをしたところ、釘宮は「ずっと前にお会いしているんだよ」と応じたとのことで、神木は「小3、小4くらいの時にご一緒させていただいていて、それを覚えていてくださっていてむちゃくちゃうれしかったです」と告白。釘宮は「私も初めて子役さんと共演、というのですごく印象深くて覚えていました」と明かしていた。

◆取材・文=山田健史