映像配信サービスdTVで K-POPの音楽ライブ作品が合計100タイトルを突破したことを記念して、K-POPアーティスト別に「好きな音楽ライブ作品は?」というユーザーアンケートを実施。その中から、2年半ぶりのジャパンツアーを成功させたばかりの人気K-POPアーティスト「iKON」の「iKON JAPAN TOUR 2019」「iKON FAN MEETING 2019」を紹介する。
■iKONとは

iKONは、「YG ENTERTAINMENT」によるサバイバル番組から誕生したボーイズグループ。2016年の日本デビューアルバム『WELCOME BACK』でオリコンデイリーCDアルバムランキング初登場1位に輝くという華々しいデビューを飾り、日本、韓国、中国3カ国で新人賞を獲得。その後も世界を舞台に活躍を続け、今年1年2カ月ぶりにリリースしたカムバック作『FLASHBACK』は、世界18カ国のiTunesで1位を獲得。今作でメンバーのBOBBYが全曲の作詞を手掛けるなど、クリエイティブ面でも注目されている。そんなiKONのライブ作品の中でもdTV会員のアンケートで特に人気だったのが「iKON FAN MEETING 2019」と「iKON JAPAN TOUR 2019」。

■『iKON JAPAN TOUR 2019』

全国6都市14公演で13.7万人超動員し、ダブルアンコールを含む全30曲にもおよぶライブパフォーマンスを余すところなく収録したライブ映像作品。大ヒット曲「LOVE SCENARIO」や日本での1stシングル「DUMB & DUMBER」に加え、BOBBYのソロ曲やユニット曲ゾーンなど、多彩な表現力に魅了される172分。クールなパフォーマンスはもちろん、和気あいあいとしたMCタイム、料理企画のVTRといった遊び心も盛りだくさん。ユーザーからは「派手さがいい」(40代・女性)、「心癒されるiKONがアーティストの中で1番好き」(40代・女性)といった声が集まった。

■『iKON FAN MEETING 2019』

2019年に全国6カ所12公演を回ったファンミーティングツアー『iKON FAN MEETING 2019』から、11月4日に開催された山梨・YCC県民文化ホール公演を映像化。JAYとJU-NEが司会を務め、流暢な日本語でのトークやゲーム対決など楽しい企画が盛りだくさんのファンミーティングイベント。メンバーの素顔を堪能したあと、いつものライブとは違う演出で繰り広げられるライブパートも必見。ユーザーからは「カッコいいだけじゃなく、楽しいライブばかり」(40代・女性)という声や、「自分が行ったイベントでもあるため」(30代・女性)と、参加後に改めて配信ライブ観るという楽しみ方もあるようだ。