恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描く、ABEMAオリジナルシリーズ「恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss me like a princess〜」(以下、「ドラ恋」)最終話が、ABEMA SPECIALチャンネルにて7月31日に放送された。本番組では、若手俳優が毎話、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかけていく。

今シーズンは、インフルエンサーで女優の橋下美好や、「シーズン1」ぶりに「ドラ恋」に再挑戦する俳優でアーティストの橋本裕太、連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013〜2014年、NHK)でドラマデビューした若手女優の白石優愛、元「ウルトラマン」主演俳優の経験を持つ小池亮介など、個性豊かな男女8名が出演している。

■最終話では

すべてのオーディションとドラマ撮影を終えたメンバーたちは、最後は全員で初めて出会った式場へ向かい、男性は決意が固まった人から、思い思いの場所で待つ女性の元へ行き告白をする「告白ドラマ」を行う。そして、両想いになった男女だけが演技ではない、本気のキスを交わす。

みよし(橋下)がいる場所にやってきたのはしおん(鈴木志遠)で、しおんは真剣な表情で、同棲ハウスに行った際にふり向かせようとしていたが、みよしにふり向かせられたことを明かし、「いっぱいみよしちゃんの写真撮ったと思うけど、ひとりで帰って、みよしちゃんの写真見てた。その時に、自分は、みよしちゃんのことしか考えてないなって思った」と、恋の矢印がみよしに向いた瞬間を打ち明ける。そして、「今は自分でもびっくりするくらい、みよしちゃんへ対する想いは大きくなってて。だから、好きです。めちゃくちゃ」と強い想いを伝えた。

みよしも笑顔になり、気持ちを伝えようとすると、三角関係になっていたりくと(松村陸斗)が、「みよしちゃん!」と大きな声で乱入する。りくとは最初、恋ができるのかと不安な気持ちもあったことを伝えつつ、みよしに会うたびに気持ちがふくれあがっていったことを伝えながら、「好きです。この場所から帰っても、一緒に思い出、作りたいです」と頭を下げる。

みよしは、ふたりの男性から同時に告白され、「ちょっと待ってね…」と動揺しながらも、しおんに「今の私には、想っている人がいます」と話し、しおんの気持ちには応えられないと返す。しおんは感謝の気持ちを述べた後、その場を立ち去る。みよしとりくとはふたりきりになり、「私から渡したいものがある。だから、目をつむってください。ぜったい、何があっても、いいよって言うまで開けないでね?」とみよしが念押ししつつ、りくとへ不意打ちのキスをする。突然の出来事に驚いたりくとは、キスの最中の目を開いてしまい、「ごめん…開けちゃった」とあやまり、かわいらしいやりとりをくり広げる。

そして、改めてりくとが「つきあってほしい」としっかり伝えると、みよしは「私でよければ喜んで」と応え、今度はりくとからみよしへキスを交わす。さらに、みよしはりくとの顔をぐっと引き寄せ、もう一度キスした後も、「もう一回だけ…」とキスをせがむなど、100秒にもおよぶキスを交わした。

■あかりが待つ場所に向かうはっしー

はっしー(橋本)が向かった先は、あかり(松川星)が待つ場所で、前に立つと緊張した面持ちで、安易に告白しても良いのかとなやんだことを明かすが、「こんなにひとりの人にちゃんと向きあえたのは、相手があかりちゃんだったからだと思うし、ずっとあかりちゃんのことを思っていたなっていうのを、改めて感じた」と素直な気持ちを伝え、あかりと向きあいたいと、続けて「僕は、あかりちゃんのことが好き。好きです」と今の想いをストレートに伝える。

あかりは満面の笑みを浮かべながら、「私もお返事していいですか?」とはっしーに近づき、不意打ちのキスをし、「私も好きです」と伝え、「前向きに考えていいってことでしょ?」と喜びをあらわにした。

そして今度は、はっしーからあかりへキスを交わし、その後、はっしーがあかりを抱きあげ喜ぶなど、正式に両想いとなったふたりはかわいらしかった。

■初デートする様子を追いかけた限定動画を配信中

また、成立カップルが初めてデートする様子を追いかけた限定動画を配信中で、初めてのお泊まりに密着した第一弾はりくと&みよしカップル、第二弾ははっしー&あかりのデートのようすを公開している。