声優の浪川大輔と細谷佳正が出演する「声優と夜あそび 木」(毎週月〜金曜夜10:00-11:30、ABEMAアニメLIVEチャンネル)、8月4日放送の #15では、ふだん触れることのない世界の住民たちに話を聞いていく「声優の知らない世界 2022」で、今回は“共感覚”を深掘りし、さまざまなものが色で見えるという体質の持ち主のにしまりちゃんに、ふたりの“色”を見てもらった。

■「声優の知らない世界 2022」

ふだん触れることのない世界の住民たちに話を聞いていく「声優の知らない世界 2022」では、今回は“共感覚”を持つにしまりちゃんを迎え、文字に色を感じる、音に色を感じるなど、ひとつの刺激に対して通常の感覚だけでなく、異なる種類の感覚も自動的に生じる知覚現象“共感覚”について深掘りしていった。

人の色を見て、その人の性格や気持ち、未来が見えたり、世界の事象の予知夢を見たりするというにしまりちゃんに、オカルトマニアな細谷は、「やばい!情熱が止まりませんね!」と興奮するも、浪川は未知の世界にポカン顔で、「どういうふうに見えるんですか?」「共感覚のON、OFFはできる?」「疲れたりすることは?」と質問を連発する。

そして、“共感覚”を学んだあとは、ふたりの色を見てもらうことになり、まずは細谷からで、赤とオレンジをメインに、元々、持っている感覚を表す内側には青、ところどころに黄緑が見えると言うにしまりちゃんは、「内側はすごく青くて、冷静沈着なところがあり、冷静さとエネルギッシュな赤、コミュニケーション能力のオレンジをバランスよく持っている」と、また黄緑について「黄緑を持っている人は、変わった人が多い」「反骨心があったり、世の中に対するアンチテーゼを持っている人に多いんです」と解説すると、浪川が「そのとおり。正解!」と共感を表す。細谷も「それは、本当にあるんですよ。それで、ものすごい怒られたことありますもん」と納得する。

その後「元々、持っている色は、基本的には変わらないので、柔軟性を持って」というアドバイスに、細谷が「変わりたくないよ!」「柔軟性って、何ですか!」とさっそく反骨心を見せると、浪川は「黄緑大全開だ。黄緑って呼ぶぞ」とツッコみ、細谷に黄緑変人という新たなあだ名がつけられてしまう。

■“がんこ侍”

続く浪川の診断では、シルバーと紫がメインの色で、「シルバーは職人プラスがんこ。侍みたいなところがあるので、おだやかに見せるけど、内面は、これしか嫌っていうのがある」と、浪川の意外にもがんこな一面を明かすにしまりちゃんに、浪川は「やばい、キャラ、ブレしてきた」とつぶやくが、浪川にも“がんこ侍”という新たなあだ名がつけられてしまう。

さらに、浪川には3つの赤い玉があると言い、「大きい仕事が決まるなって人は、こういう丸い赤が見えるんです」「これから先、3つ、来ますよ。新しい開拓系の仕事とか、オレンジがあるので、コミュニケーションを深めていく、もっと表に出ていく仕事が来るんじゃないかな」との予言に、つい最近も「うれしいオファーが来た」と話していた浪川は、今後の仕事に期待を寄せていた。

■「浴衣ウィーク」&「生放送延長ウィーク」

なお、8月8日の週の「声優と夜あそび」は、MC陣が毎日、浴衣を着て登場する「浴衣ウィーク」となるのに加えて、放送直後に毎日、「生放送延長ウィーク」もABEMA PPV ONLINE LIVEにて特別生配信される。