草なぎ剛がドラマ、映画、舞台と俳優業を活性化させている。現在は、仲野太賀主演ドラマ「拾われた男」(毎週日曜夜10:00-10:45、NHK BSプレミアム) に出演中だ。バラエティー番組で見せる表情とは打って変わり、それぞれの作品の世界に溶け込みながらも目が離せなくなる草なぎの演技には底知れない魅力がある。(以下、「拾われた男」ほか出演作のネタバレがあります)


■主人公が苦手に思う兄を演じる

「拾われた男」は、俳優・松尾諭が自らの波乱万丈なサクセスストーリーを書いたエッセーをドラマ化。俳優志望の男・松戸諭(仲野)が、他人に“拾われ”続けることで夢も恋も掴んでいくヒューマン・コメディ。NHK BSプレミアムでの放送のほか、ディズニープラスのブランドコンテンツ「スター」で見放題独占配信(毎週日曜夜11時配信)される。

同作で草なぎが演じているのは、他人に“拾われ”続けてきた諭が“捨てた”兄・武志。諭は幼いころはその背中を追いかけながらも、無表情でとらえどころのなさからいつしか苦手になってしまっていた。

第1話で諭が俳優になる宣言を家族にしたとき、「俺もハリウッドでも行ったろうかな」とつぶやいたが、本当に突然アメリカへと旅立った武志。その後、現地の大学を中退し、消息不明状態に。

諭が俳優として、また結(伊藤沙莉)という運命の相手を見つける物語が描かれていくなか、レンタルビデオショップで日本映画作品を手にとったり、ちょんまげカツラをつけて撮影したりという姿がほんの少しずつ映し出されていた。

そんななか、いつも気にかけてくれた祖母の容態が悪くなった時も連絡がままならなかった武志に対して、諭が「あなたとは家族でもなんでもありません。もう縁を切ります」というメールを送る様子が描かれたのが第5話だった。

■真に迫る病人の演技に反響

そして、満を持しての草なぎ登場となったのが、第7話。武志が脳卒中で倒れたと連絡が入り、諭がアメリカにやってきた。

病院を訪れた諭が見たのは、車いすに乗った武志の姿。諭が来たことを知った武志は、右手を力なく上げて「諭…」と絞り出し、なんとか笑顔を作ろうとするもうまくいかない様子だった。左半身に麻痺を発症し、思うように動けなかったのだ。車いすからベッドへの移動を手伝った諭の「兄は臭かった」というモノローグが、そのまま伝わるようなリアルさだった。

SNSでも「病人にしか見えなくて不安になるほど演技が上手い」「もう演技じゃなくて、そのものだった…父が同じ病だったから解る」「役への作り込みとその迫力にちょっと震えた」など、反響が相次いだ。

なかには、2003年放送の草なぎ主演ドラマ「僕の生きる道」(フジテレビ系)を思い返すファンも。同作は、淡々と生きてきた教師が余命1年と宣告され、生きることの真の意味を見出していくという物語。病気が進むにつれ、あばら骨が浮き出るほどの役作りを見せた草なぎに称賛が寄せられた。

「拾われた男」第1話で、武志は「諭がデ・ニーロになれるように祈ったるわ」と言った。デ・ニーロとは、アメリカの名優、ロバート・デ・ニーロのことで、徹底した役作りで知られる。草なぎ自身が、デ・ニーロばりの真に迫る演技を見せているのだ。

■名だたる演出家に「天才」と称される演技力

稲垣吾郎、香取慎吾と出演している「7.2新しい別の窓」(ABEMA)、お笑い芸人の海原やすよともこと共演する「草なぎやすともの うさぎとかめ」(読売テレビ)といったバラエティー番組での草なぎは、どこかひょうひょうとしているように見える。

しかし、ひとたび演技となると、テレビ画面、スクリーン、あるいは舞台というライブ空間を通して、そこに生きている人物として浮かび上がってくる。

2020年公開の映画「ミッドナイトスワン」では、トランスジェンダーの主人公を熱演。心と身体に葛藤を抱えて苦しむ姿は、「拾われた男」や「僕の生きる道」でも見せたような真に迫るもので、同作で草なぎは第44回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた。

またSNSを大いに賑わせたものとしては、吉沢亮が主演を務めた2021年の大河ドラマ「青天を衝け」(NHK総合)も記憶に新しい。草なぎは徳川慶喜を演じ、吉沢の渋沢栄一との絆は大いに感動をもたらし、「史上最高の慶喜」という呼び声も。その演技で、第59回ギャラクシー賞テレビ部門個人賞を受賞している。

そのほか、2021年公演の舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」ではギャング団のボス、映画「台風家族」(2019年)ではクズな中年男、映画化もされたドラマ「任侠ヘルパー」(2009年、フジテレビ系)では介護施設で働くヤクザなどを演じてきた。

舞台「蒲田行進曲」の作・演出を務めた劇作家・つかこうへい氏から「天才」と言われた逸話が残り、脚本家・演出家の三谷幸喜も朝日新聞のコラムで称賛するなど、プロ目線でもその演技力の高さが認められている草なぎ。

どの役も草なぎが演じているのではあるが、一つとして同じような雰囲気を出していない。それぞれの役が生きていることで、見る者の琴線に触れる。どんな役もこなしてしまう、草なぎの演技の底力にはうならされるばかりだ。

8月19日(金)からは新作映画「サバカン SABAKAN」の公開、10月には三谷が脚本・演出を手掛ける香取との二人芝居の舞台「burst!」の開幕、さらに2023年1月期のドラマ主演と控えるが、まずは放送中の「拾われた男」。諭と15年ぶりの再会を果たした武志の秘密が明かされていくのだが、若手演技派として評価が高まっている仲野と草なぎの競演は、きっと見応えがあるものとなっているはずだ。

※草なぎ剛のなぎは、弓へんに前の旧字体その下に刀が正式表記

◆文=ザテレビジョンドラマ部