8月11日放送の「Snow Manの素のまんま」(文化放送) では、深澤辰哉と佐久間大介がパーソナリティを担当。9月に発売を控えたSnow Manの2ndアルバムの裏話を明かした。

■プレゼンに関しては「阿部(亮平)ちゃんがめっちゃうまかった」

先日、Snow Manの2ndアルバム『Snow Labo. S2』が9月21日(水)にリリースされることが発表され、リード曲の「JUICY」のミュージックビデオも公開されたことで、深澤と佐久間は番組冒頭からその話題に触れる。

今回、楽曲のジャンル別にメンバー内で担当を割り振るという新たな試みをしたことに関して、深澤と佐久間は担当者が楽曲の決定権を持ったわけではなく、候補曲を絞り込む作業をし、それをメンバーにプレゼンをする形で決定したことを説明。そのため佐久間は「何回も会議を開いたよね」と制作過程を伝え、プレゼンに関しては「阿部ちゃん(阿部亮平)がめっちゃうまかった」と明かす。

■佐久間大介「みんながちゃんと納得する曲を選ばせてもらった」

佐久間は改めて「みんながちゃんと納得する曲を選ばせてもらった」と述べ、深澤は1stアルバムの時以上に「より幅広いジャンルにいきました」と仕上がりに自信を伺わせる。

また「JUICY」について、片足立ちでもう片方の足を音に合わせて動かす印象的な振りについて深澤は「意外とむずいんだよな」と言い、佐久間も「Snow Manでも結構、よろよろってなっちゃう」と話す。一度ジャンプをして、片足で着地してから行う振りのためバランスがとりづらく、佐久間は「Snow Manは特殊な訓練を受けているはずなんだけど(笑)」と冗談を交えながら「それでもMV撮影ではよろけちゃって」と回顧。深澤も「シンプル緊張した」と撮影時の心境を明かした。

今後、TVの音楽番組に出演する機会があれば、ダンスを披露することになるため、深澤は「生放送でしくったらずっと残るわけよ」と不安を覗かせ、深澤も佐久間も「めっちゃ練習しよう」と誓う。

さらにMVにはメンバー全員で食事をするシーンもあり、深澤は「ただ楽しんだ」と言い、佐久間も「マジで普通にしゃべるし、普通にふざけるし(笑)」と普段のメンバー間のやり取りだったことを伝える。

昨今の状況もあり、メンバー揃って食事をする機会もなかったため、深澤は「普通にただの飯会みたいな感じ」と振り返り、佐久間も「普通に言ったもんね、『久々だね、こういうの』」と撮影を抜きにして楽しんだことを明かした。

次回の「Snow Manの素のまんま」は8月18日(木)夜9:00より放送予定。ラウールと向井康二がパーソナリティを担当する。