綾野剛が主演を務める日曜劇場「オールドルーキー」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第8話(8月21日放送)に、元バレーボール女子日本代表の栗原恵、迫田さおり、狩野舞子、江畑幸子、新鍋理沙、さらに元バレーボール男子日本代表監督の植田辰哉が出演することが決定。6人は、田辺桃子演じる日本バレーボール界のトップ選手・古川舞のチームメイトと、監督をそれぞれ演じる。

同作は、サッカー以外のスキルや経験が何もないどん底に追い込まれた主人公が、新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために奮闘する家族再生の物語。

脚本は「HERO」シリーズなどで知られる福田靖氏が担当し、トップアスリートたちの“生の声”を反映しつつ、セカンドキャリアへ踏み出す主人公の姿を完全オリジナルで描く。

■“プリンセス・メグ”栗原恵らが田辺桃子をバックアップ!

チームメイト役を演じた5人がドラマに出演するのは今回が初だったが、初めてとは思えない圧倒的な存在感を放っていた。一方で休憩中には、5人がそろって和気あいあいとバレーボールをするという、今となってはなかなか見ることが出来ない一幕も。

また、自身が撮影していない時もモニターをチェック。修正点があればコートに走って向かい、バレー初経験で奮闘する田辺を支えた。

■バレーボール指導を務めたのはリベロ・佐藤あり紗

そして、元バレーボール男子日本代表監督の植田は舞の所属するチームの監督役としてドラマに初出演する。撮影中、うまくレシーブができずにいた田辺に的確かつ熱く修正点を指導。そのあと驚くべき急成長を遂げた、という監督らしいエピソードも。

さらに、舞と同じポジションのリベロを務めた元日本代表の佐藤あり紗が田辺のバレーボール指導を務めた。リオデジャネイロオリンピックの世界最終予選、本大会ともに正リベロとして活躍し、今は「リガーレ仙台」で選手兼監督の二刀流でチームを支えている。


■第8話あらすじ

塔子(芳根京子)が担当するバレーボール選手・古川舞(田辺桃子)に、イタリアの強豪・トリエステから誘いがかかった。世界で活躍するまたとないチャンスだが、舞は移籍を断るという。

高柳(反町隆史)は何としても彼女を説得するように言うが、舞との付き合いから、彼女が断るのには何か大きな理由があるはずだと考える塔子はためらう。しかし、高柳はかほり(岡崎紗絵)を担当につけて、説得に乗り出す。

そして、塔子とかほりは新町(綾野剛)と共に練習場へ。舞はチームの練習後もアシスタントコーチの宮野紘也(大谷亮平)から個人練習を受けるほど熱心な選手で、3人は彼女のチームへの愛着を実感する。そんな中、高柳がとった強硬手段により、塔子と舞の間にある変化が生まれる。

一方、レシピ本が人気の果奈子(榮倉奈々)に地方での講演依頼が舞い込み、新町は慣れない家事に奮闘していた。