新潟を拠点に活動するNGT48が、8月19日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで初のコンサートツアー「未完成の未来」東京公演を開催した。7月24日の新潟公演で開幕し、東京の後は、埼玉、千葉での開催が予定されている同ツアーは、6月29日にリリースされた初アルバム『未完成の未来』を引っさげて行われる。

この日のステージには、1期生の小熊倫実、清司麗菜、中井りか、奈良未遥、西潟茉莉奈、西村菜那子、本間日陽、ドラフト3期生の安藤千伽奈、佐藤海里、對馬優菜子、藤崎未夢、2期生の大塚七海、小越春花、川越紗彩、曽我部優芽、古澤愛、古舘葵、真下華穂、三村妃乃、諸橋姫向、3期生の磯部瑠紅、北村優羽、鈴木凛々花、長谷朱桃の24人が出演。昼夜2公演が行われた。ここでは昼公演の様子をリポートする。

■初アルバムを引っさげて東京へ

幕開けの曲は「ポンコツな君が好きだ」。3期生以外のメンバーが登場し、歌前で小越が「NGT48が新潟から東京にやってきました。LINE CUBE SHIBUYA、盛り上がっていくぞ!」と煽ると、間奏では本間が「私たちと一緒に楽しい一日にしましょう!」、曲終わりには中井が「NGT48のことを好きになっていってください」とファンに呼び掛けた。

「世界はどこまで青空なのか?」に続き、5年前に発売したデビュー曲「青春時計」を披露。歌い終わると、雷の音が鳴り響き、メンバーたちはステージに倒れ込む。スクリーンでは、時計の針が動き、倒れている中井らの映像に。アルバム『未完成の未来』のリード曲「しそうでしないキス」のMVが流れ、中井、小越によるWセンターで披露された。

曲が終わると、キャプテン・藤崎が「NGT48の今を感じてください!」とファンに呼び掛け、メンバー紹介へ。それぞれがスポットライトの中でダンスを披露し、その後はダンス選抜5人による「空き缶パンク」へ。次の曲では一転、中井らが清楚な真っ白なドレス衣装で登場し「僕の涙は流れない」を歌い上げた。

■「劇団はるか村」の寸劇から「Maxとき315号」へ

この後の4曲は四季を表現したブロック。本間らメンバーが高校生の制服姿で現れ、「私たちっていつまで留年しているんだろう?」「25歳になったから7年目…」という西村の自虐ネタで笑いを誘いながら、「春はどこから来るのか?」を披露。

夏曲「シャーベットピンク」では、浴衣姿で歌い始めたメンバーたちが「浴衣を脱いで海に行くぞ!」という掛け声と共に浴衣を脱ぎ捨て、夏服姿となってスイカ割りをするなど、浜辺にいるかのような演出で盛り上げた。

秋パートでは、太鼓で祭りの雰囲気を作り上げた他、テニスでスポーツの秋、絵を描いて芸術の秋、食事で食欲の秋と、さまざまな秋を表現しながら「君はどこにいる?」を歌唱。

そして、コートを来た小越の登場と共に「はるか村が…」と寸劇が始まり、他のメンバーもコート姿で「新潟ってどうしてこんなに寒いんだっけさ」と、雪国・新潟を演出。「でも、みんなが大好きなこの曲を聞けば身も心も暖かくなるよ」と、グループの代表曲「Maxとき315号」を3期生を除く全員でパフォーマンスした。

■西潟茉莉奈「見守ってください」

ここでMCタイムへ。小越が「曲の前に劇団はるか村を…」と話し始めると、「その言葉を出さないでほしい!」と“劇団員”たちからストップがかかる。また、寸劇の中で突然デビルの物まねをしたことには、「私なりに自分と見つめ合って」とアドリブだったことを告白。他のメンバーたちは「打ち合わせをしてないのに急に…」と戸惑ったことを明かした。また、せりふの中で「だっけさ」を連発していたことについては「今年の流行語大賞に」という野望を口にしていた。

MCコーナーの後は、東京出身の古舘がピアノ弾き語りに挑戦。メンバーたちが見守る中、「ぎこちない通学電車」を一人で歌い上げる。続いて、中井が「“くらくら”でクラクラしちゃってください」とファンを煽り、ユニット・CloudyCloudyが「片想いのままじゃ終われない」を歌唱。本間のソロ曲「好きなんて…」を挟み、期別によるパフォーマンスへ。

1期生は「1期生はこの夏で7周年を迎えさせていただきました。これからも大好きなメンバーと一緒に頑張ります。見守ってください」という西潟のあいさつから、過去の映像が流れる中、「昨日より今日 今日よりも明日」を披露。歌唱中には、9 月でグループから卒業する西村の涙を見せる姿も。ドラフト3期生は「どうしようもないこと」、2期生は「自然渋滞」を歌い上げた。

■3期生がういういしく自己紹介&パフォーマンスを披露

続いて、3期生紹介コーナーへ。今回の公演に出演している4人が登場すると、中井は「すごいピチピチで腹立たしいわぁ」と羨望のまなざしを向けつつ、「緊張してる? 大丈夫だよ、私たちがいるからね」と声を掛けるも、逆にプレッシャーをかけてしまう。

4人はそれぞれのキャッチフレーズを使って自己紹介。中井は、北村が6月いっぱいで卒業した中村歩加が推しメンだったと明かせば「物好きだね」と言い、「中井りかさんが世界で一番好きです」という長谷には、「この子を贔屓していきたいと思います」と笑顔を見せた。

3期生への部活動紹介コーナーの後、ライブは後半へ。まず、3期生4人が「あとで」をういういしくパフォーマンスすると、3期生除くメンバーが「Awesome」を披露し、その後は4曲をノンストップでメドレー。本編最後の曲は「みどりと森の運動公園」。ファンに「この曲だけはペンライトを置いて」と手拍子での参加を呼び掛け、会場が一体となって本編はフィナーレとなった。

■NGT48の“未来”へ向けたライブに「これからが楽しみ」

アンコールの「Soft Serve」では、3期生も登場し、この日初めて24人での歌唱。最後の曲を前に、清司は「最初から最後まで(ファンは)着席でのライブ。奥の方まで、みんなの顔が見えたんですよ」とこの日の感想を語る。

また、「3期生だけで『あとで』を披露したり、MCをしてくれたり。感動したよね。私たち、初期の頃そんなことしてなかったから、これからが楽しみ。皆さんも楽しみにしていてください」と、これからのNGT48の活躍をファンに約束。

最後に「NGT48」を披露し、“未完成の未来”に向けて旅立つNGT48の第一歩を見せるライブは幕を閉じた。

◆取材・文=一条二郎

■NGT48 1st LIVE TOUR「未完成の未来」東京・昼公演セットリスト
8月19日(金)東京・LINE CUBE SHIBUYA

00.Overture
01.ポンコツな君が好きだ/ALL(3期生を除く)
02.世界はどこまで青空なのか?/ALL(3期生を除く)
03.青春時計/ALL(3期生を除く)
04.しそうでしないキス/ALL(3期生を除く)
05.空き缶パンク/清司、安藤、大塚、古舘、諸橋(ダンス選抜)
06.僕の涙は流れない/中井、奈良、西潟、藤崎、川越、真下
07.春はどこから来るのか?/小熊、西村、本間、佐藤、對馬、小越、曽我部、古澤、三村
08.シャーベットピンク/奈良、西潟、安藤、藤崎、大塚、小越、川越、真下、古舘、諸橋
09.君はどこにいる?/小熊、清司、中井、西村、本間、佐藤、對馬、曽我部、古澤、三村
10.Maxとき315号/ALL(3期生を除く)
11.ぎこちない通学電車/古舘
12.片想いのままじゃ終われない/CloudyCloudy(小熊、清司、中井、對馬、小越)
13.好きなんて…/本間
14.昨日より今日 今日よりも明日/1期生(小熊、清司、中井、奈良、西潟、西村、本間)
15.どうしようもないこと/ドラフト3期生(安藤、佐藤、對馬、藤崎)
16.自然渋滞/2期生(大塚、小越、川越、曽我部、真下、古澤、古舘、三村、諸橋)
17.あとで/磯部、北村、鈴木、長谷
18.Awesome/ALL(3期生を除く)
19.友達でいましょう/ALL(3期生を除く)
20.世界の人へ/ALL(3期生を除く)
21.絶望の後で/ALL(3期生を除く)
22.心に太陽/ALL(3期生を除く)
23.みどりと森の運動公園/ALL(3期生を除く)
E1.Soft Serve/ALL
E2.ナニカガイル/ALL(3期生を除く)
E3.NGT48/ALL