なにわ男子の公式YouTubeチャンネルが8月30日に更新、「なにわ男子【夏休み広島7人旅】まずはお好み焼き〜01」が配信された。

■ジャンケンで運転手を決定

ツアー公演中のなにわ男子が、公演先の広島県に前乗りして7人で広島を旅する第1弾は「今回は広島に来ています!」という長尾謙杜のコールでスタート。主演映画「HOMESTAY」の撮影地が広島だった縁で、今回は長尾がメインMCを担当し、思い出の地をメンバーにアテンドすることとなった。

まずは、移動する車の運転を誰がするかを決定。運転慣れしている西畑大吾、大橋和也、藤原丈一郎がジャンケンで勝負し、藤原が運転する資格を獲得した。

■広島で人気のお好み焼き屋さんへ

一行がまず寄ったのが、広島県ならではの“カープカラー”になった「赤いローソン」。そこで朝ごはんを購入し、車内でパクパク。

目的地の広島で人気のお好み焼き屋さんに向かう車中では、古今東西ゲームがスタート。「広島県の良いところ」をお題に、1人ずつ言っていくことになるが、1周目は「カキが美味しい」「広島弁最高!」などとうまく繋がるも、2周目になると「俺色に染まっている」(西畑)、「個人的に広島って字めっちゃ好き」(高橋恭平)とぐだぐだに。そうこうしているうちにお好み焼き屋さんに到着し、暖簾を見ただけで一同のテンションはアップ。

■人気店の料理をかけて心理戦が展開される

店内に入り、全員がお好み焼きを食べられると思っていたところで、突然、長尾が「『おめでとう! 8月誕生日!』食べたいのはどれだ!」と企画をコール。勘のいい西畑・藤原は笑顔が一転、しかめっ面で「どれだってどういうこと?」「普通に食べようや」とクレームを入れる。

8月が誕生日の大西流星、大橋、長尾の3人チームと、西畑、藤原、高橋、道枝駿佑の4人チームで対戦し、勝った方のみが食べられるゲームがスタート。人気店の料理をかけ、心理戦が展開される結果となった。

視聴者からは「丈くんが運転してるのも謙杜くんが司会してるのも新鮮で面白い」といったコメントや「謙杜が司会してても違和感ないし、何より7人全員が広島旅を楽しんでるのがうれしい」などの声が寄せられた。