菅田将暉が、9月9日に都内で開催された主演映画「百花」の初日舞台あいさつに出席。ダブル主演の原田美枝子、共演の長澤まさみ、永瀬正敏、原作者であり本作の監督・脚本を手掛ける川村元気と共に封切りを迎えた感想などを語った。

■菅田&原田が親子役

川村の同名小説が原作の「百花」は、記憶を失っていく母と向き合うことで母との思い出をよみがえらせていく息子・葛西泉を菅田が、全てを忘れていく中でさまざまな時代の記憶を交錯させる母・百合子を原田が演じ、親子の愛を紡ぎ出している。長澤は泉と同じレコード会社で働き、初めての出産を控える泉の妻・葛西香織を、永瀬は百合子の「秘密」を知り、「事件」と深い関わりを持つ男・浅葉洋平を演じる。

初日を迎え、菅田は「当たり前のように、決めた初日に映画が開いて、お客さんがいる前で舞台あいさつができるというのがうれしいです。撮影はちょうど1年くらい前ですかね。(公開まで)早く感じました。延期・延期が多かったので、早く感じたのかもしれないですね」と安堵(あんど)の表情を浮かべながらあいさつ。

■菅田「真っすぐ縫えるように…」

また、作品のタイトルにちなんで「新たに開花させたい才能」についての話題では、菅田は「最近久々にミシンを踏んでいたんですけど、真っすぐ縫うって難しいんですよ。特に工業用ミシンで、プロのおばちゃんに習いながらやっているとうまくできないので、ミシンがうまくなりたいです」と明かす。

すると川村監督から「何を作るの?」と聞かれ、「この間はGジャンとか縫っていたんですけど。いろいろなミシンの使い方とかも覚えていないんですけど、覚えたいです。単純に服にすることは下手でもできるんですけど、あとはもう外に出ていいステッチのきれいさ、とかそういうことになってくると思うんですけどね」とさらっと話す。

MCから「服にするのも簡単じゃないと思いますけどね」とツッコまれつつも、「素人がそんなに簡単に縫えるものじゃないと思いますけど、真っすぐ縫えるようになりたいです」と力強く語っていた。

さらに、作品にちなんで「皆さんが取り戻したいもの・ことは?」という質問に、菅田は「視力とかですかね」と言うと、隣の長澤が「あ〜…!いい!私も!」とすぐさま同意。

これに対し菅田は「あ、ずるい!乗ってきた」と笑顔でツッコむが、原田も永瀬も川村監督も「私も」「俺も」と乗ってきて、ステージ上の全員が「視力」を取り戻したいことが判明する。

菅田は「僕は(視力が)0.3とかなんですよ。もちろん運転したり映画館で映画を見るときはメガネをかけるんですけど、日常生活とかお芝居にはそんなには困らないけど、もうちょっと見えたいなって時があるんで…それぐらいですか?」と長澤に聞くと、長澤は「私は乱視が強いんで、全部ぼやけている。近視もあるんで、遠くも見えないし、だからこうやって(至近距離で)ものを見るんで…」と、菅田よりも困った様子であることを伝えていた。

◆取材・文・撮影=ブルータス海田