9月14日(水)よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+」で独占先行配信され、9月30日(金)より3週間限定で全国ロードショーされるアニメ「四畳半タイムマシンブルース」。25年後の未来の「下鴨幽水荘」住人たちのキャストが発表され、本作の原案・脚本でヨーロッパ企画代表の上田誠をはじめ、石田剛太、酒井善史、土佐和成、永野宗典の出演が決定した。また、田村くん役を演じる本多力も、もう一人のキャラクターを演じることが決定した。

■「四畳半タイムマシンブルース」

「四畳半タイムマシンブルース」は、TVアニメ化された森見登美彦による小説「四畳半神話大系」(太田出版/KADOKAWA)と、舞台で4度にわたり公演され実写映画化もされた上田誠による戯曲「サマータイムマシン・ブルース」が悪魔的融合を遂げて誕生した森見登美彦による小説「四畳半タイムマシンブルース」のアニメ映画化作品。

監督に、TVアニメ「四畳半神話大系」、映画「夜は短し歩けよ乙女」で、湯浅政明監督のもと主要スタッフとして参加した夏目真悟監督、脚本に上田誠、キャラクター原案の中村佑介、音楽の大島ミチル、そして主題歌のASIAN KUNG-FU GENERATIONと、森見登美彦原作のアニメ作品ではお馴染みの顔ぶれが集結し、アニメーション制作をサイエンスSARUが担当する。

さらに、メインキャストには、「私」役・浅沼晋太郎、明石さん役・坂本真綾、小津役・吉野裕行、樋口師匠役・中井和哉、城ヶ崎先輩役・諏訪部順一、羽貫さん役・甲斐田裕子と、豪華声優陣が出演する。

■原案・脚本の上田誠が声優初挑戦

25年後の「下鴨幽水荘」の住人たちを演じるのは、劇団・ヨーロッパ企画のメンバー。本作の原案・脚本でヨーロッパ企画代表の上田誠をはじめ、ヨーロッパ企画に所属し、舞台「サマータイムマシン・ブルース」にも出演した石田剛太、酒井善史、土佐和成、永野宗典が出演する。上田は、本作が初の演技。もともと出演予定はなかったものの、キャラクター原案の中村佑介たっての希望で、キャラクターを描き上げたことから出演が決定したという。

そして、タイムマシンに乗って現在の「下鴨幽水荘」に来る田村くんを演じる本多力は、ここで未来の住人をもう一人演じる。

■中村佑介 コメント

今作の元となった演劇版&映画版「サマータイムマシン・ブルース」にも登場されていたヨーロッパ企画の役者の方々。正義超人や奇面組のようにみなさん個性豊かですので、キャラクターとして起こすのがすごく楽しかったです。

今作では元は「田村くん」役だった本多力さんも独立したキャラクターに。上田誠さんはオファーはなかったところ、個人的にやはり出てほしいと勝手に描いたら採用されました。ほんとうに未来は自分で掴み取るべきものなのですね。

■上田誠 コメント

まさかこのワールドを生きられる世界線があるとはでした。我々を規定するのは不可能性だと樋口師匠から教わりましたが、今回ばかりは世界は可能性に満ちていると思わざるをえない僥倖でした。アフレコには出演メンバー皆で臨みまして、ヨーロッパ企画の顔をしたキャラクター達にヨーロッパ企画が声を当てる、という事態でした。タイムマシンで自分たちとでくわす不気味さと似た体験かもしれません。

■「四畳半タイムマシンブルース」あらすじ

8月12日、灼熱の京都、左京区。「下鴨幽水荘」唯一のエアコンが動かなくなった。悪友・小津が昨夜リモコンを水没させたのだ。

「私」が、映画サークル「みそぎ」のクールビューティー明石さんと対策を協議していると、モッサリした風貌の見知らぬ男子学生・田村が現れた。彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。

そのとき「私」に「このタイムマシンで昨日に戻って、壊れる前のリモコンを持ってくればいいじゃないか!」という天才的なひらめきが訪れた。しかし、小津たちが勝手気ままに昨日を改変、過去を書き換えていく。世界消滅の危機を予感した「私」は、慌てて止めに入る。