なにわ男子・大西流星が主演を務める「彼女、お借りします」(毎週土曜深夜2:30-3:00ほか、テレビ朝日ほか ※ABCテレビは、毎週日曜夜11:55-0:25)の第9話が9月17日(土)に放送される。

同作は、女性に料金を支払い一定期間デートをすることができる「恋人代行サービス」=“レンタル彼女”をモチーフに、ダメダメながらもド直球な優しさをもつ主人公の木ノ下和也(大西)と、超絶美女なレンタル彼女・水原千鶴(桜田ひより)の、“レンタルから始まる恋模様”を描くラブコメディー。

■これまでの放送では――

非モテ人生一直線の二十歳の大学生・和也が、やっとできた初めての彼女・七海麻美(秋田汐梨)にあっけなくフラれてしまい、半ばやけくそでレンタル彼女を発注。するとそこに、まさに理想的で清楚なお嬢様系女子・千鶴が現れた。やがて和也は、千鶴への“返却不可”な気持ちに気付いてしまう。

そんな中、更科瑠夏(工藤美桜)が、和也に告白。その唐突さと真剣さにたじろいでしまう和也だったが、千鶴への気持ちにうそはつけず、懸命に断る。しかし、そんな和也に対し瑠夏は、「彼女にしてくれれば千鶴がレンタル彼女であることを黙っている」との交換条件を提示する。

瑠夏にはここまで和也に入れ込むだけの理由があったが、和也にとっては脅し文句も同然。ただ、人目をはばからず泣き崩れる瑠夏を放っておけず、和也は瑠夏を“彼女(仮)”にした。

■積極的な工藤美桜“瑠夏”に加えて、第4の美少女が登場

さらに、瑠夏は「もう我慢できません!」と和也の胸に飛び込み、一線を越えられないレンタル彼女の千鶴と違って、自分はエッチする覚悟ができているとにじり寄る。

一方、千鶴から、ある女性をレンタルしてほしいとの意外な相談を持ち掛けられた和也が待ち合わせ場所に向かうと、そこにはまたしても超絶美少女な桜沢墨(沢口愛華)が。だが、彼女はレンタル不適合な性格の持ち主だった。




■第9話では――

千鶴からレンタル彼女を辞めようと思っていると打ち明けられた和也。気落ちしつつも千鶴との別れが近いことを覚悟し、千鶴がいなくなっても祖母が悲しまないよう、本当の彼女を作るべく瑠夏と真剣に向き合うと決める。

これまで避けてきた恋人らしいデートをし、和也は明るくひたむきな瑠夏の魅力を再認識する。しかし、「なんでこの子じゃダメなんだろう…」という自問とともに、千鶴のことが何度も頭をよぎる。

そんな思いを断ち切って、カラオケボックスで一緒にバイト中の瑠夏に、いよいよ「お試し」ではなく「正式」な彼女になってほしいと言いかけたその時、和也の視界にボックスの一室に入っていく千鶴と麻美の姿が。和也は、瑠夏への告白もそっちのけに二人の様子を探ろうとする。

――という物語が描かれる。

公式HPなどで公開されている予告動画では、和也が「なんだこれ!?なにが起きてんだ!?」とボックスに入っていく千鶴と麻美を追う姿や、「全部俺が悪いんだ…っ」と膝に顔をうずめる姿などが描かれている。

また、「もう恋人ごっこはやめて」と不敵な笑みを見せる麻美と、「私を一生幸せにしてくれる人かもしれないって…!」と、ついに本音をのぞかせる千鶴の姿も。「うざ…」と冷たく突き放す麻美に、千鶴は「和也さんは私の彼氏です」とはっきりと告げている。

ラストには、懸命に走る和也の姿も映し出されている。

第9話放送を前に、「もうすぐ終わっちゃう…?」「いよいよクライマックスか」「制服姿の流星くん、かわいさよりかっこよさが勝ってる」「和也くんが成長してる」「見れば見るほど、みんな好きになる」といった声など、オンエア前からSNS上などで話題となっている。

「彼女、お借りします」第9話は、9月17日(土)深夜2:30よりテレビ朝日ほかで放送。