映画「いつか、いつも……いつまでも。」(10月14日[金]から全国公開)完成披露試写会が9月18日に都内で行われ、高杉真宙、関水渚、小野ゆり子、芹川藍、長崎俊一監督が舞台あいさつに登壇した。

同作品は、偶然のいたずらで一つ屋根の下で暮らすことになった二人の恋と、家族のつながりを描くハートウォーミング・ラブストーリー。海辺の町を舞台に、小さな診療所で医師として働く俊英(高杉)と、彼がかつて一目惚れをした女性に“ソックリ”な亜子(関水)が出会い、共に暮らす中で次第に紡がれる恋模様や二人を支える家族が織りなす、心温まる絆の物語で、芹川は二人の恋の行方を温かく見守る家政婦・きよさんを、小野は俊英の元婚約者で優秀な医師・まり子を演じる。

■高杉真宙「なかなかない経験」

好きだった人とそっくりな女性と同居することになる俊英を演じたことに、「なかなかない経験だとは思うので、やっぱりそこからどんどんどんどん(亜子を)知っていくというのがすごくすてきだなと思いながら演じました」と振り返った高杉。

「あまりにも僕自身とは口調の違いというか、言い回しの違いが大きくて、最初は戸惑った感じはしますね。こういう言い方するのは、どんなふうに言うだろうなと思いながら演じていました」と、最初は戸惑ったことを明かす。

MCから「冷静であり、おとなしくもありみたいなところで、でも出てくる言葉はちょっとSっ気たっぷりみたいな」と話を振られると、「はい、やってました。なかなか高杉真宙からSっ気なんて出ないですから(笑)。ありがたいというか、ちょっと楽しくやらせていただきました」と、普段とは違う自身の演技に注目してほしいとアピールした。

■高杉真宙&関水渚の“キュン”なシーンに「照れてました」

また、「劇中にはキュンとする二人のシーンもありましたが?」と関水との共演についてMCが質問。高杉は「不思議だなぁって思いながら、ずっと照れてましたね。それはもう、そうだと思いますよ(笑)。それでもありつつ、画としてどうしたら違和感なくできるのかなぁとか思いながら、演技ってムズいなぁと思っていました」と、答えに困りながらも返答。

関水も「私ももちろんめちゃくちゃ照れましたね」と告白しつつ、「(映画を見ている人に)伝わっちゃダメですよね」と笑っていた。

最後に、高杉は「この映画は本当にラブストーリーが始まるかもしれない映画だったりもしますし、家族との絆というものが明確に見えたりしますし、人との絆を再確認できるような映画だったりします。本当に自分というものを出すことの大事さというのも知れるなということを、この映画を見ながら思ったんですけど、人と一緒に食事をするということの素晴らしさを改めて感じられた気がします。今はなかなか人とのつながりを感じられないなと思っているので、この映画を見てほっこりと温かい気持ちになって、感謝の気持ちを改めてしようと思ってもらえたらうれしいなと思っています」と、映画への思いを込めたあいさつでイベントを締めくくった。