2019年に完全復活を果たしたロックバンド・the telephonesの石毛輝と岡本伸明が9月20日深夜放送の「69号室の住人」(毎週火曜深夜1:35-2:05、TOKYO MX)に出演。“住人”の遠山大輔(グランジ)を聞き手に、コロナ禍を経て今バンドが大切にする曲作りへの思いを打ち明けた。

■「音楽で楽しいエネルギーを注入したい」

埼玉県北浦和を拠点に活動するthe telephones。10年ほど前、遠山がレギュラー出演するラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 教育委員会」(TOKYO FMほか)にゲスト出演し、共演を果たしている。

当時について、遠山が「めちゃくちゃ楽しかった思い出しかなくて。the telephonesってそういうイメージでいいんですよね?」と問いかけると、石毛は「はい。そういうバンドでありたいなと思ってるんで。その場に音楽で楽しいエネルギーを注入できれば、って感じです」と、バンドのポリシーを打ち明けた。

純粋に音楽を愛し、楽しむthe telephones。9月にリリースした9枚目のフルアルバム「Come on!!!」は、メンバーが集まってその場で音を出し合って作ったという。

石毛が「(収録曲の)『Feel bad』っていう曲は、初めはシンセサイザーのリフとコード進行しかなくて、それをメンバーに聴いてもらったら『いいね、これを曲にしていこう』みたいな感じで。バンド初期の曲作りに近かったですね」と振り返ると、遠山は「いいっすね!同じ音楽を好きな友達同士でやってるような」と、バンドのスタンスに共鳴。石毛は「the telephonesは会った方が早いですね。煮詰まるとシリアスになる時もあるんですけど、基本はみんなでワイワイガヤガヤ、楽しいです」と、音楽を楽しむバンドのスタイルに思いを馳せた。


■いろんな感情を込めた「Come on!!!」

ここで、“プロモーションが苦手”という岡本があえて、新アルバムの紹介をすることに。岡本が「(収録曲に)似たような曲がない。いろんな感情を含めて『Come on!!!』という感じで」とタイトルの意図を説明すると、石毛が「ノブさん(岡本)がタイトル考えたんです。シンプルにそれがいいなって」とアシスト。仲の良さもうかがわせた。

2人の話を聞いていた遠山は、アルバムタイトルに込められた思いを聞いて納得の表情。「“Come on”がここに留まるんじゃなくて、『俺は行くから一緒に行こうよ!』の“Come on”だと思ったんです」、さらに収録曲の歌詞についても「ただ前向きなだけじゃなく、この2年間の不安もちゃんとぜんぶ救いあげての“行こうよ!”っていう曲たち」だという。

バンドで作詞も担当している石毛は「うれしいです。自分が読んでて好きな歌詞ってそういうものだったりするんで。なんでもない日常だったらたぶん、意味のない歌詞のほうが好きで。ここ2年くらいで音楽に興味がなくなっちゃった人が増えたと思うんですよね。こういうバンドの文化ってすばらしいので、少しでも伝えたい思いが増えて、それが歌詞に反映されたって感じですね」と、歌詞に込めた思いを打ち明けた。

■「“頑張れ”って言葉は出てこないけど…」

「Come on!!!」の曲たちに心揺さぶられたという遠山。「“頑張れ”って言葉は出てこないけど、聞いてて楽しい気分になって、明日何かやってみようかなって思う。それって頑張れってことじゃないですか。それがいいなって」と、アルバムの感想を熱っぽく語った。

11月には、「Come on!!!」を引っ提げたツアーを敢行する。最後に石毛が「the telephonesの曲ってライブで披露して完成する、みたいな楽曲だったんですけど、『Come on!!!』は家で聴いても成立することを目指していて。でも結果やっぱりthe telephonesだなと思ったのは『これライブ絶対楽しいな』と思ったので、ライブ映えすることは間違いないです。全国の皆さん!ぜひお願いします!」と熱くアピールし、トークを締めくくった。