主人公・デンジ役の戸谷菊之介、マキマ役の楠木ともり、アキ役の坂田将吾、パワー役のファイルーズあいらメインキャスト4名と中山竜監督、MCの野田クリスタルが登壇した、「TVアニメ『チェンソーマン』ワールドプレミア」舞台あいさつパートが、ABEMAアニメチャンネルにて9月19日に生放送され、10月より放送開始の本作の見どころや、役作りについて語ったのに加え、最新PV、オープニング、エンディングを担当するアーティストが解禁された。

■第1話の先行上映を終えて

第1話の先行上映を終え、登壇した一同に、第1話がお披露目された今の心境を聞くと、中山監督が「去年の6月に一度PVを作らせていただいて、そこで作品の方向性、画面のビジュアルがある程度、固まり、そこから本編制作に向かいました。みなさまには長らくお待ちいただいたかと思いますが、やっと1話ができて、かなり安心しています。ホッとしているというところです」と安堵の表情を浮かべる。楠木からは「いちファンとして見入ってしまって、見たいシーンが全部、動いてるって。感動で手がふるえました」と、ファイルーズからは「見た瞬間、劇場版?って」など、キャスト陣から興奮の声が飛び交う。

続けて、戸谷が「度肝を抜かれました!1話、すごかったですね」と興奮の声をあげ、「デンジにも感情移入したんですけど、初めての主役作品っていうのもあって、泣いちゃったんです」と第1話を見た心境を語ると、作品のいちファンでもある野田は「本当にデンジ役が戸谷さんでよかったと心の底から思いました。ポチタに話しかける声のトーンが本当に好きで、あそこのシーン大好きで、泣きそうになりました」と大絶賛する。第1話のアフレコを見学しにいったという坂田は、「これはすごい新人というか、堂々としていて…戸谷くんの伝説が始まっちゃうんじゃないかと、僕は思っています」と戸谷の演技に太鼓判を押す。

■にんまりするファイルーズあい

また、ファイルーズが「ふつう、背景モブというか、名前のないような役だったら動かないことがあるけど、動くんです…!監督の意地でもこの世界観を現実にするぞ、っていうすごいパワーを感じました」と語った際には、戸谷が「“パワー”を感じた?」とツッコむと、ファイルーズもにんまりしながら「“パワー”だけに」と返し、絶妙なやりとりを見せる。また「アフレコの時に、いつもこういうノリなんです」「(戸谷が)いつも現場も率先して、自分から話しかけて盛りあげてくれて、マイク前に立つとキリっとデンジになって、豹変ぶりがすごい!」とアフレコ現場の様子を明かした。

■「前代未聞だよね」

そして話題は、それぞれの役作りについてに移り、戸谷は「意外とデンジの気持ちって、“わかる〜”っていうところが多いんです。お金がなくて、“このまま一生、終えるのかな…”ってゆううつさがあったり、そこから目標に向かって走ったり、細かく分析してみると、“わかる”って思うところがあったので、その気持ちを演技に乗せました」と、楠木は「私、マキマ大好きなので、読んでいると、ここ、こういうアプローチしたいなっていうのがたくさん出てくるんですけど、基本的にすべて取っ払っていて…抑揚をあんまりつけないかたちになりましたよね」と中山監督と顔を見あわせ、マキマについて受けたディレクションを告白する。続けて「私的に気をつけているのは、デンジとの距離感。物理的な、どの距離でしゃべっているのかっていうのは、かなり意識して演じています」とこだわったポイントを明かし、戸谷は「それ、すっごい感じます!」と大きくうなずいた。

■舞台あいさつ後半には

さらに、舞台あいさつの後半には、テレビアニメ「チェンソーマン」の新情報が、続々と解禁になり、まずは、最新PVが流れ、同時にオープニングテーマが、米津玄師描き下ろし「KICK BACK」となることが発表された。米津、共同編曲に参加したというKing Gnu、millennium paradeの常田大希からのコメント動画も公開され、以前から漫画「チェンソーマン」の感想を話していたことから常田に依頼をしたことや、モーニング娘。の「そうだ!We're ALIVE」をサンプリングしたことを明かし、その理由が語られた。

また、挿入歌にはマキシマム ザ ホルモンが、全12話のエンディングテーマにはano、Eve、Aimer、Kanaria、女王蜂、syudou、ずっと真夜中でいいのに。、TK from 凛として時雨、TOOBOE、Vaundy、PEOPLE 1、マキシマム ザ ホルモンら、全12組の豪華アーティストが、週替わりで担当すること、さらに異なるエンディング映像が流れるという中山監督の発表に、キャスト陣からは「そんなことあります!?」「前代未聞だよね」と驚きの声があがった。

そして、あっという間に終わりの時間になり、最後に戸谷から「こうやってみなさんと、PVの発表の時の熱量を生で感じることができて、楽しい時間を過ごせました」「2話以降も、本当にすごい仕上がりになっていますので、アニメ放送も本当に楽しみにしていてください」とメッセージを贈られた。

なお本放送は、9月26日夜8:30まで無料視聴可能となっているのに加え、テレビアニメ「チェンソーマン」第1話は、ABEMAアニメチャンネルにて10月12日(水)深夜1:00より放送開始される。