日向坂46の冠ラジオ番組「日向坂46の『ひ』」(文化放送)。9月25日の放送に、佐々木久美と森本茉莉が出演し、佐々木が、櫻坂46からの卒業を発表したキャプテン・菅井友香について語る場面があった。

■佐々木久美、菅井友香の“存在の大きさ”を明かす

佐々木が「ゆっかー(菅井)の卒業…」と言うと、森本が「久美さんとか、元々ひらがなけやき(けやき坂46)として活動されていたので、めちゃめちゃ(菅井と)関わる機会も多かったですよね」と話を振る。

佐々木は「そうだね。私たちのキャプテンでもあったから、ゆっかーは。だからそう言う(卒業の)話は、発表より前にしてくれてて。『そろそろ(卒業を)考えてるんだって』言ってくれてたから『そうだよね』って。かっこいいよね。全部グループのためにってやってる姿を見て、私もキャプテンとして、後輩ながら同じ立場になったからさ。ゆっかーから学ぶことって本当に多くて」と、菅井の存在の大きさを改めて実感すると明かす。

■「世界で一番幸せになってほしい」

続けて「MCの言葉とかもすごいよね。すごく胸に突き刺さってくるし、でも優しさを隠しきれない。あの感じってさ、ゆっかーしかできないじゃん。人の良さとか出てるし。それが多分、グループにくれた影響っていうのは、私たちもすごい、いろいろものをいただいた身ではあるから。なんか寂しいけど…でもゆっかーに幸せになってほしい。世界で一番幸せになってほしいって思います」と振り返り、菅井には幸せになってほしいと心から願った。

■菅井の卒業ライブは「見に行きたいね。絶対に」

最後に佐々木は「東京ドームね。見に行きたいね。絶対に。お願いします。最後までゆっかーのキラキラした姿を、私たちも見届けたいと思います」と、菅井の卒業ライブは絶対に見に行きたいと懇願していた。

次回の「日向坂46の『ひ』」は10月2日(日)夜6:30より放送予定。出演メンバーは、決まり次第、番組の公式Twitterでお知らせする。