小栗旬が主演を務める大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第38回「時を継ぐ者」が10月2日(日)に放送される。三谷幸喜が脚本を務める同ドラマは、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、そんな彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の姿を描く。

■大河ドラマ「鎌倉殿の13人」とは

「鎌倉殿の13人」は、義時がまだ何者でもない平凡な伊豆の若武者の時代からスタート。のちの鎌倉幕府初代将軍・源頼朝を大泉洋が、義時の姉で頼朝の正室・北条政子を小池栄子が、義時の父・北条時政を坂東彌十郎が演じる他、時政の後妻・りくを宮沢りえが、義時と八重(新垣結衣)の息子・北条泰時を坂口健太郎が演じる。

また、3代目鎌倉殿・源実朝として柿澤勇人が、義時の親友・三浦義村として山本耕史が出演し、宮澤エマ、尾上松也、生田斗真、栗原英雄、瀬戸康史、市原隼人、菊地凛子らも出演。語りを長澤まさみが務める。

■10月2日放送の第38回「時を継ぐ者」では――

激しさを増す北条親子による主導権争い。北条時政(坂東)とりく(宮沢)は、三浦義村(山本)に命じて源実朝(柿澤)を屋敷へと連れ込み、鎌倉殿の座を娘婿・平賀朝雅(山中崇)へ譲るように迫る。

対する義時は、泰時(坂口)、時房(瀬戸)、八田知家(市原)らを引き連れ、時政の屋敷を包囲。攻め込む機会を慎重に見定めていた。張り詰めた空気が鎌倉を覆う中、政子(小池)はりくと話す。

――という物語が描かれる。

■義時は、姉・政子の頼みを拒み覚悟を決める

公式ホームページの予告動画では、父・時政の背中を追い続けてきた義時の姿が映し出される。そして、りくが「夫(時政)は死ぬつもりでいます」と語る。

また、政子は義時に「子が親を殺すようなことだけは、あってはなりません。それだけは」と告げる。義時は「鎌倉を守るためなら父も子もない」と決意を決める。

さらに、真剣な表情で佇む泰時と鶴丸(きづき)の姿や、涙を流す3代目鎌倉殿・実朝の姿が見られる他、御家人たちの前に立つ黒の直垂を着た義時の姿も。