「ダイハツ アレグリア-新たなる光-」日本公演記者発表会が10月11日、都内にて開催。アンミカ、伊藤沙莉、小倉智昭、サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけし、チョコレートプラネットの松尾駿と長田庄平、AKB48の本田仁美が登壇した。

世界最高峰のエンターテインメント集団シルク・ドゥ・ソレイユによる「ダイハツ アレグリア-新たなる光-」日本公演が、フジテレビ開局65周年事業として東京・お台場ビッグトップにて、2023年2月8日(水)より開催される。

■アンミカ「究極の唯一無二の舞台」

この日の記者会見では、日本初公開となる、アーティストによる生パフォーマンスを披露。本作のスペシャルサポーターにチョコレートプラネット、アンミカ、伊藤、本田が初めて就任した他、小倉は本作で日本公演応援10作品目、サンドウィッチマンは3作品連続でのスペシャルサポーターとなる。また、同じくスペシャルサポーターとなったGENERATIONS from EXILE TRIBEは、VTRでメッセージを寄せた。

シルク・ドゥ・ソレイユによる日本公演は5年ぶりのことで、小倉は「5年間待ちましたもんね。その5年の間、みんなきつい思いをしていたのが、シルク・ドゥ・ソレイユの再スタートで、最初のテーマが『アレグリア』。これもう最高ですよね」と感慨深げ。

アンミカは「ミュージカルとパフォーマンスがアスリートの要素やお芝居の要素があって、究極の唯一無二の舞台だなと感じます」とコメントした上で、「やはりアートの一部としてファッションが印象的」と語った。

■チョコプラ長田「盗める技、ボケがあったら盗んでいきたい」

伊達は「ここ(顔の横)から足が出てましたよ。我々、靴ひもを結ぶのも大変なのに」とパフォーマンスに驚き。「超人ですよね。いくら頑張ってもできないです。富澤なんて膝に水が溜まっています」と相方を引き合いに出すと、司会を務めた永島優美アナウンサーから「大丈夫ですか?」と心配された富澤が「大丈夫か大丈夫じゃないかで言ったら大丈夫じゃないです。頑張っています」とつぶやいていた。

伊藤は「私、実はまだ(シルク・ドゥ・ソレイユの公演を)見たことがなくて。なので、どういう世界が広がっているんだろうと思って、すごくワクワクしている」とコメント。本田は「このシルクの世界はまるで中世の世界に迷い込んだかのような臨場感で溢れていて、そういったパフォーマンスを日本で今回こうして見ることができるというのはすごく楽しみにしています」と期待に胸を膨らませた。

また、長田が「僕らコント師なんですけど、コントの最高峰が『アレグリア』だと僕は思っている」と言うと、松尾や伊達からすかさず「コントじゃないよ」とツッコまれる。続けて「作品を楽しみに見るプラス、盗める技、ボケがあったら盗んでいきたい」という長田に、松尾は「ボケとかはないと思う」とたしなめていた。

永島アナから「コントではないと思うんですけど、『アレグリア』って笑いの部分もちゃんとありますよね」と尋ねられた小倉は「必ずありますからね」と同調。その一方で、長田に対しては「何も分かっていなけりゃコントだと思っていればいいですよ」と冷たく言い放っていた。

◆取材・文=山田健史