俳優の水川あさみと榮倉奈々が10月18日、都内にて開催されたAmazon Originalドラマ「モダンラブ・東京〜さまざまな愛の形〜」完成披露イベントに、前田敦子、伊藤蘭、石橋凌、成田凌、夏帆、ユースケ・サンタマリア、池松壮亮、平柳敦子監督、廣木隆一監督、山下敦弘監督、荻上直子監督、黒沢清監督、Awesome City Clubと共に出席。水川と榮倉が「ぬかを漬けている」という共通点を発見し、「ぬか仲間だ」と喜ぶ場面があった。

「モダンラブ・東京〜さまざまな愛の形〜」は、2019年にアメリカで製作され、世界中で大きな話題を呼んだ「モダン・ラブ」の舞台を現代の東京に移し、新たに描くAmazon Originalドラマ。エピソード1からエピソード7まで、さまざまな珠玉の“愛の形“をオムニバスで紡ぐ、7つの心温まる物語となっている。イベントに女性陣は艶やかな着物姿で登場した。

■前田敦子は息子と温泉へ

この日のイベントでは、“愛の形“を描く同作にちなみ、キャストらが「今、愛していること」を発表。榮倉は「糠(ぬか)」と書いたフリップを掲げ、「酵素風呂とかぬか漬けとか。もともと好きなんですけど、最近、コンポストとかやっていたら、勝手に発酵して熱を持っていたりして、なんか『ぬかってかわいい〜』みたいな。マイラブです」と“ぬか愛”をあふれさせた。

一方、前田は「息子と旅行」だと言い、「結構ちょこちょこ行っていて。温泉が好きなんです。二人で温泉に入るのが」と息子との温泉を楽しんでいることを告白。息子は現在3歳で「『温泉気持ちいいなー』って言うんですよ。それがかわいくて。私は今一人で育てていますけど、家族にはすごく支えられています」と笑みを浮かべた。

■水川あさみは「さんまが好き」

また、水川は「さんま」と発表。「秋の時期で、今しか食べられない旬なお魚ですけど、本当にさんまが好きで」としつつ、榮倉の「ぬか」にも注目した。「私もぬかを漬けていて、酵素風呂だったりとか、同じことしてると思ってうれしかった」と話すと、榮倉も「仲間ですね。ぬか仲間だ」と楽しげだった。

◆取材・文=山田健史

※平柳敦子の柳は、正しくは木へんに夘