吉沢亮が主演を務める「PICU 小児集中治療室」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)第5話が、11月7日(月)に放送される。

■「PICU 小児集中治療室」ストーリー

同ドラマは「大規模なPICUの運営は極めて困難」とされる広大な北海道で、吉沢演じる“しこちゃん先生”こと新米小児科医・志子田武四郎が先輩医師らと共に、どんな子どもでも受け入れられるPICU(Pediatric Intensive Care Unitの略称。小児専門の集中治療室)を作るため、そして、1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描く。

“子どもの命”をテーマに「生きるとは」「命とは」「家族とは」という問いに真っ正面から向き合うメディカル・ヒューマンドラマだ。

■武四郎に関わる登場人物を演じるのは…

武四郎が勤務する北海道の丘珠病院にPICUを新設するため、東京からやってくる小児科医・植野元を演じるのは、安田顕。そして、女手ひとつで武四郎を育てた母・南を大竹しのぶが演じる。

また、武四郎の幼なじみ役で生田絵梨花、高杉真宙、菅野莉央が出演。生田は武四郎が幼い頃からずっと思いを寄せるマドンナ的存在・涌井桃子を、高杉は幼少期から武四郎と兄弟のように育った大親友で救命医として奮闘する矢野悠太を、菅野は武四郎の言動にすかさずツッコむ姉御キャラ・河本舞を演じる。

そのほか、木村文乃が武四郎と共にPICUに配属されてくる救命医・綿貫りさ役で、高梨臨が植野にヘッドハントされ家族で北海道へ移住してきた優秀な看護師・羽生仁子役、イッセー尾形が稚内市にある古くから続く山田医院の院長・山田透役で出演する。

■第5話のあらすじ

“しこちゃん先生”こと武四郎(吉沢亮)が勤務する丘珠病院に、武四郎の親友・悠太(高杉真宙)が救急搬送されてきた。ただちに悠太の処置に当たる救命医の東上(中尾明慶)。PICU科長の植野(安田顕)も東上のヘルプに入る。武四郎は、突然のことに激しいショックを受けながらも、PICUの仕事に取り組もうとする。

そんな中、植野は新たに10歳の立花日菜(小吹奈合緒)ちゃんと、12歳の小松圭吾(柊木陽太)くんをPICUで受け入れると綿貫(木村文乃)や武四郎らスタッフに伝える。

日菜ちゃんは、急性リンパ性白血病で7歳のころから丘珠病院の小児科を受診しており、武四郎も研修医のころからよく知っている女の子だった。日菜ちゃんは先月から化学療法で寛解を目指して治療していたが、副作用で白血球が急激に減少していた。

そして、近いうちに受け入れる予定の圭吾くんは小学2年生のときに拡張型心筋症を発症し、函館市内の病院で治療を受けていたが、心拡大が悪化しそこでの治療継続が難しくなっていた。植野は、圭吾くんをより安全にPICUに搬送するため、ついにドクタージェットを使うと武四郎たちに伝える。

■武四郎、桃子と舞に伝える「俺はあいつを信じてる」

公開されている予告映像では、緊急搬送されてきた悠太の姿をみた武四郎が「悠太!?」とひどく驚いている姿や、武四郎が「俺はあいつを信じてる」と桃子と舞に話すシーンなどが映し出されている。

これらの印象的なシーンに、ネットでは「しこちゃん先生の成長が感じられました」「綿貫先生の笑顔が見れてよかったです」と4話の感想と共に「悠太くんが心配、大丈夫かな…」「5話も気になります」などの声が上がり、注目が集まっている。