2017年10月にスタートし、2021年9月をもって一時放送休止としていた「ザ・カセットテープ・ミュージック」(BS12 トゥエルビ)が、11月6日(日)と11月13日(日)の夜9:00から2週にわたって復活することが分かった。同番組は、芸人・ミュージシャン・俳優とマルチに活躍中のマキタスポーツと気鋭の音楽評論家・スージー鈴木が、1980年代歌謡曲の素晴らしさを熱く語り尽くす音楽バラエティー番組。今回は、番組開始5周年を記念した「シーズン2」として完全新作が放送される。

■マキタスポーツとスージー鈴木も興奮!

11月6日(日)の放送では、河村唯をゲストに迎え「第2回全日本名曲選手権」と題して、シーズン1でも好評だった名曲カバーの聴き比べをする「全日本名曲選手権」企画の第2弾を。

カバーの歴史や最も見事なカバーを探し求め、その奥深さをカセットならではの視点で分析していく。「こんなアレンジあり?」「歌っているのは誰?」「中島みゆき『糸』」「スターダスト☆レビュー『木蘭の涙』」など時代を超えて聞き継がれる名曲の数々にマキタスポーツとスージー鈴木も興奮。また、原曲の良さをかみ締めながら、相次ぐカバーへの問題提起も飛び出す。

■「令和」に「平成」を振り返る!

そして、11月13日(日)の放送では「平成を取り戻せ!」と題し、なかなか大変な令和の世で、平成のよかった部分を考察しながら時代を彩った音楽をゲストの松尾英里子と共に振り返る。

カラオケ全盛期の流行曲に共通するコード進行や、大ヒットしたアイドルグループの楽曲、さらに令和にも脈々と受け継がれる仕掛けをひもといていく。