11月30日、中島セナ&奥平大兼がW主演を務め、新田真剣佑ら実力派若手キャストが出演する、ディズニープラスの日本初完全オリジナルファンタジー大作「ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-」が発表された。「現実世界」×「ドラゴンが棲む世界」2つの世界を実写とアニメで描く作品となる。2023年冬、日本を始めとする世界でディズニープラス独占配信。同作はシンガポールで実施されている「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」にて発表。新田は同イベントに登壇し本作への意気込みを語った。

■W主演中島セナ&奥平大兼、新田真剣佑ら実力派若手キャストが出演

「ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-」は、シンガポールで実施されている「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」にて発表。

実写で描かれる<私たちの現実世界>と、アニメで描かれる<ドラゴンライダーたちが住む異世界>、2つの世界で描かれる本作の主人公は、現実世界で生きる女子高生ナギと、ドラゴンたちの“声”を聴き、心を通わせる“ドラゴンライダー”たちが活躍する異世界に暮らす少年・タイムの二人。

ナギは空を飛ぶ白昼夢をよく見ており、どこか周囲に馴染めず生きづらさを感じている。そんなナギを演じるのは、女優の登竜門として、数々の人気女優が出演してきた大塚製薬「ポカリスエット」のCMに抜擢され、その後映画やCMに出演して活躍している新進気鋭の女優・中島セナ。

そして、タイムはドラゴンライダーであるにも関わらず、ドラゴンの声を聴けない落ちこぼれの少年。そのタイムを演じるのは、演技未経験ながら映画「MOTHER マザー」のメインキャストに抜擢され、第44回日本アカデミー賞 新人俳優賞数々の賞を受賞するなど鮮烈なデビューを飾り、2022年に公開された「マイスモールランド」では、第72回ベルリン国際映画祭に出品されるなど、国内外から注目を集める俳優・奥平大兼。

さらに、ナギの親友で学校の友達と馴染めないでいる彼女を気遣うソンを、10代でパリコレクションやルイヴィトンランウェイを歩くモデルとしても活躍し、今作が初演技となるエマニエル由人が演じる。

そして、タイムが憧れるドラゴンライダーのアクタを、近年、「るろうに剣心 最終章」で演じた雪代縁をはじめ、今後の待機作に「聖闘士星矢」のハリウッド実写化「ナイツ・オブ・ソディアック(原題)」で主人公 星矢を演じるなど、日本だけでなく世界で飛躍する新田真剣佑が演じる。

■監督:萩原健太郎×アニメ監督:大塚隆史×キャラクター原案・コンセプトアート:出水ぽすか

本作の目玉の一つである<実写>と<アニメーション>の融合を国内外で高い評価を得る二人の監督が手掛ける。作品全体の監督を務めるのが、大手企業のCMを担当し、その後「東京喰種 トーキョーグール」などの映画でメガホンをとった萩原健太郎。萩原健太郎監督は今回のプロジェクトについて、「子供の頃から大好きなファンタジー作品を同じくらい大好きなディズニーで、しかもオリジナルで制作できるなんて僕自身まだ夢の中にいるようです」とコメント。

そして、アニメーション監督を務めるのは「映画 プリキュアオール スターズDX1 〜 3」、「スマイルプリキュア!」「劇場版ONE PIECE STAMPEDE」などの数々のアニメ映画を監督した大塚隆史。大塚隆史監督は「日本の2Dアニメーションがこれまでに培ってきた技をふんだんに込めて、アニメーションらしい世界観を表現し、面白い形での実写との別世界観を演出し、それぞれの異なった世界で存在する者同士が交流する不思議さを楽しんでいただけたらと思います」と語った。

さらに、キャラクター原案・コンセプトアートを務めるのは世界累計発行部数が4100万部を超える「約束のネバーランド」(集英社 ジャンプコミックス刊)の作画を担当した出水ぽすか氏。

出水ぽすか氏は本作の制作について、「普段から好きなドラゴンたちのいる壮大なファンタジーの世界を土台に、これまであまり描いてこなかった東洋の民族テイストをかけ合わせたような不思議な組み合わせの世界観にワクワクしながら制作しています」と、実写とアニメの融合という世界観に自身も期待が高まっていることを明かしている。

また、アニメの制作を担当するのは「攻殻機動隊」シリーズ、「PSYCHO-PASS サイコパス」を始め、昨年からディズニープラスで独占配信が開始された「スター・ウォーズ:ビジョンズ」の「九人目のジェダイ」を手掛けたProduction I.G。

脚本は、萩原健太郎監督とともに「Spectacled Tiger」で共同脚本を務めNHK BS プレミアムドラマ「嘘なんてひとつもないの」はATP 奨励賞を受賞した藤本匡太、「ドライブ・マイ・カー」でアカデミー賞(R)国際長編映画賞を受賞した大江崇允、「キャラクター」の脚本を務めた川原杏奈が担当。また、プロデューサーは、「ドライブ・マイ・カー」でアカデミー賞(R)国際長編映画賞を受賞した山本晃久、「未来のミライ」でアカデミー賞(R)長編アニメ部門ノミネートを果たした伊藤整、ディズニープラス「スター」の「すべて忘れてしまうから」の涌田秀幸が務める。

■新田真剣佑コメント

新田真剣佑は「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」に登壇し、同作についてコメント。「はじめてのオリジナルのファンタジーとなります。巨大なアニメの世界の一部になれたことが光栄です」「ドラゴンライダーが住んでいる世界と冒険が魅力的です」と語った。