バラエティー番組「マスカットナイト・フィーバー!!!」(毎週水曜夜2:35-3:05テレビ東京ほか)に出演中の「恵比寿★マスカッツ」メンバーリレーインタビュー第4弾では、“関西弁キャラ”で「甘えん坊大喜利」企画を見事制覇し、活躍が目覚ましい神崎紗衣が登場。これまで心に残る出来事や、マッコイ斎藤ディレクターに対する感謝、そしてこれからのグループの展望などを語ってくれた。

――第2世代恵比寿★マスカッツが、もうすぐ2周年を迎えます。

もう3年目になるんですね。全国ツアーを2度経験した中で、初めてのツアーが思い出に残っています。それまでは自分がライブを見に行く側だったので、始まる前は全く想像がつかなかったんです。それなのにいろんな地方を回らせていただいたり…全員がダメ出しし合ったり、説教し合ったり、本音で話せるようになったきっかけが初ツアーでしたね。

――マスカッツの冠番組「マスカットナイト・フィーバー!!!」では、ロケ企画なども増えるとお伺いしました。やってみたいロケ企画はありますか?

桃乃木かなちゃんが大食いキャラなんですけど、桃ちゃん以外にも大食いの子って多いんです。私もやし、(辰巳)シーナやリーダー(明日花キララ)もめっちゃ大食いなんです。だから大食いロケとか行きたいです。修学旅行にも行ってみたいですね。

――この番組といえば、MC陣も名物ですが、思い出に残るエピソードはありますか?

おぎやはぎのお二人は、いつもやさしく声を掛けてくださいます。マスカッツはむちゃぶりが多くて、カメラが回るまで何やらされるか全く知らされていないんですが、私たちが緊張しているところを見て、「すべっても気にすんなよ」とか「やりきれよ」って言ってくれて、安心します。

――ガチな現場というイメージだったので、温かいというのは少し意外です。

ガチはガチですよ(真剣)。でも、学校みたいですね! 女子校みたいです。メンバー同士でご飯に行っても、マスカッツの話しかしないんです。「○○ちゃんのあそこ、もっとこうすればよかったね」とか「○○ちゃんあの時すっごい面白かったから、勉強になったよね」とか、「ここはどうするべきだったかな」とか。みんな、愛がこもってます。

――2年間続けられたメンバーの皆さんだからでしょうか?

みんな、いろんな苦労してますからね。パイ投げられたり、熱湯に入れられたり、落っこちたり…(笑)。ボロボロになりながら、痛みを分かち合ってます。

――マスカッツといえば、マッコイ斎藤さんも欠かせない人物だと思いますが、そんなマッコイさんに一言物申すなら?

私、マスカッツに入ったことを機に、大阪から上京してきたんですよ。この2年間、マッコイさんが選んでくれなかったら、こんなにたくさんの経験はできなかったし、東京にも来ていないと思うんです。

地元にいた時には学校にも行ってなかったので、初めて教えてもらうことだとか、集団行動とか、みんなと一喜一憂しながら、やっと青春できてるんだなあって。なので、「あの時選んでくれてありがとうございます」です。

――最後に3年目の意気込みをお願いします!

もう2年だけど、まだ2年とも思うので…これからやりたいことも、挑戦したいこともたくさんあります! まだまだ応援よろしくお願いします。

■WEBサイト「ザテレビジョン」では、日本が誇るセクシー軍団・恵比寿★マスカッツの全員インタビューを毎週水曜掲載。次回8月16日(水)は“ピアノ名人”神咲詩織が登場! 水曜は番組とともにインタビューもお楽しみに。