世界の美術を歌とアニメで紹介する「びじゅチューン!」(毎週火曜夜7:50-7:55、NHK Eテレ)の夏休みスペシャルが、7月16日(日)昼4時から放送される。「なつやすみ びじゅチューン!ツアーin関西」と題して、アーティスト・井上涼が、今まで番組で取り上げた関西の美術作品を巡る。放送に先駆けて、番組のアニメーション制作・作詞・作曲・歌唱全てを手掛けている井上が、撮影の裏側やスペシャルの見どころなどを語ってくれた。

■ “姫路城ちゃん”のガードは固い

――関西の美術作品を紹介するスペシャルということですが、印象的だったことは何ですか?

「姫路城と初デート」という作品のモチーフになった姫路城では、撮影の都合でうねうねしたルートの道から、天守閣まで2周したんです。暑い日だったのでしんどかったです〜。

今回紹介する全作品に思い入れがありますが、撮影で印象的だったのは、大阪城天守閣で「富士御神火文黒黄羅紗陣羽織(ふじごしんかもんくろきらしゃじんばおり)」のホンモノを間近で見たこと。「噴火する背中」という作品に出てきた背中だけではなく前側も見られたので、たくさんの発見がありました。

――どのように作品を思い付きますか?

シャープペンシルで美術作品を模写して、気付いたことをきっかけに考え始めることが多いです。今までに作った曲と印象が似ないようにすることに気を付けています。自分の体験から、子供向けに作り過ぎると子供が冷めるので、大人向けにと意識しています。

■ 太陽の塔に相談するときっとこう言うわ!

――制作中に、「楽しい」と感じるのはどんな時ですか?

思い付いた鼻歌のようなフレーズが伴奏がついて曲っぽくなる瞬間があるんです。そういう時はすごく楽しいなと思います。あと、ジョリー・ラジャーズさんたちのコーラス収録に立ち会うとき。

――今まで放送された中で、特に思い入れの強い作品はありますか?

もちろんどれも強いですが、「保健室に太陽の塔」です。初めて現代作品をモチーフにしたものだったんですが、「太陽の塔」の著作権継承者の平野暁臣さんにほめていただけたんです。現代にジャンルが広がったので、うれしかったです。

――大人になってから気付いた美術作品の良さはありますか?

「美術には共感できるポイントがある」と気付いたことですね。

――最後に、スペシャルの見どころを教えてください!

夏休みスペシャルも今回が2回目。番組が育ってきたなとうれしいです。今回は、実際に関西を1泊2日で巡る旅行に行く計画が立てられるような回り方をしました。気になる場所があったら、ぜひ訪ねてほしいです!