衛星放送(BS・CS)ならではの独創性あふれる番組を表彰する「第7回衛星放送協会オリジナル番組アワード」の大賞が決定! 講評とあわせて受賞作品を紹介します。

■ オリジナル番組賞 大賞

■ ■バラエティ番組部門

「KNOCK OUT(ノックアウト)〜競技クイズ日本一決定戦〜」

放送チャンネル:ファミリー劇場

《再放送》2017年8月6日(日)夜9:20

(c)東北新社

【作品紹介】

常人が理解できない問題を、理解できない速度で押す異次元のクイズ。それこそが“競技クイズ”と呼ばれる、まさにクイズの格闘技。21 世紀の現在、クイズ最強は誰なのか? 人気度・知名度・タレント性は一切無視。立ち塞がる相手をクイズでノックアウトし、最後に勝ち残った者だけが最強の称号を得ることのできる、本格派の史上最強クイズ大会。ここに開幕! クイズというジャンルに人生を賭け、高みを目指す、現役クイズプレイヤー達が集結した 6 月の予選会、そして 7 月の決勝大会の模様をお届けする。

【審査委員講評】

テレビは、視聴者とのあいだに共感や対話の空間をつくっていくことで成り立つメディアである。視聴者参加の番組は、その空間の広がりを示すものだった。ところが、地上波テレビからはそうした番組が消えている。芸人でもタレントでもない、普通の市民が難問に次々答えていく視聴者参加型のクイズ番組の消滅は、痩せ細っていく地上波テレビの象徴でもあった。ところが、テレビのそのエネルギーは衛星放送のなかに引き継がれていた。しぶとく、しかも、いかにも衛星放送らしく、奇形ともいえる超難問のクイズ番組として。これでは一般視聴者は答えられない、と言ってはいけない。いまや普通の市民がそれぞれに限られた分野とはいえ、専門知識を駆使して仕事をし、暮らしている。本作は、視聴者像の多様化、多極化に対応する衛星放送の可能性を、楽しく示している。(審査委員長・吉岡忍/ノンフィクション作家)

■ オリジナル番組賞 最優秀賞

■ ■ドラマ番組部門

「ドラマW 稲垣家の喪主」

放送チャンネル:WOWOWプライム

《再放送》2017年9月22日(金)朝5:00(予定)

【作品紹介】

小学2年生の稲垣宙太(金成祐里)は猛烈なあがり症で、散々つらい想いをしてきた。ある日、ジイジの葬儀のとき、喪主の挨拶で緊張のあまりしどろもどろになる父親の姿を目の当たりにした宙太は悟る。「ぼくのあがり症は、遺伝だったんだ」自分が喪主の挨拶をするのはまだ先の話、そう思っていた宙太だが、ある事実に気付く。宙太の家には元キャリアウーマンの伯母・杏子(広末涼子)と、売れない漫画家の叔父・脩二(森山未來)が同居している。2人は、結婚どころか、相手もいなく、作ろうともしない。このままだと、杏子と脩二の喪主もやることに!? 事の重大さに焦った宙太は、杏子の見合い話が両親のもとに届いたのを千載一遇のチャンスと捉え、自分の誕生日会で2人を引き合わせようとする。さらに、脩二には結婚したはずの同級生の女性が目の前に現われる。果たして、宙太は杏子と脩二を結婚させ、将来、待ち受ける喪主の挨拶を回避できるのか。

【審査委員講評】

嬉しいことに今期のドラマには秀れたものが多かった。その中で選ばれたのは、なんと現代劇、そしてなんと喜劇。脚本がよくてスタッフがよくて役者がよくなくてはこの難関は突破出来ない。「稲垣家の喪主」はこの奇蹟をなしとげました。特に子供たちの素晴らしかったこと―。ほんとうに、おめでとうございます。特に<あがり性>の描写には苦労されたと思います。お手本になるような「英国王のスピーチ」の例もあり、今後ともドラマの素材を注意ぶかく拡げていって欲しいものです。(鴨下信一/演出家)

■ ■ドキュメンタリー番組部門

「爆走風塵 〜中国・激変するトラック業界〜」

放送チャンネル:NHK BS1

《再放送》2017年7月29日(土)昼1:00

【作品紹介】

160兆円規模と言われる巨大な中国物流を支えるのは3000万人のトラックドライバーだ。一日に数百キロを走る過酷なドライバーの暮らしには、中国の今がにじみ出ている。番組は中国一の長距離トラックのハブ、「成都公路港」を取材。数千キロ離れた目的地まで日夜貨物を運ぶトラックドライバーに密着した。引退間近のベテランコンビ、父と見習いの息子コンビ、そして幼子と妻と共に旅する新米ドライバーの3組だ。しれつな価格競争、燃料や通行料の高騰。減速する中国経済の影響を受けながら、たくましく生きる人々を描き、庶民の目線から中国経済の実態を浮き彫りにする。

【審査委員講評】

中国大陸の巨大な物流を支え、一日数百キロをも爆走するトラック・ドライバーの仕事は、映像で見ているだけでも、その過酷さが伝わってくる。作品では、3人の長距離トラック・ドライバーにカメラが密着することで、「改革開放」以降、経済成長が著しい一方で、様々なところで、歪みと矛盾が目立ち始めた中国経済の実態を浮き彫りにしようとしている。そこに描かれるのは、ある種活気に満ちた、また、ある種寒々しくもある、中国の庶民の暮らしぶりである。中国取材では定評のある制作会社テムジンが担当しただけあって、庶民の目線から中国社会のいまを描いた見応えがあるドキュメンタリー作品に仕上がっている。(音好宏/上智大学文学部新聞学科教授)

■ ■情報番組・教養番組部門

「英国男優のすべて 英国男優はこうして作られる」

放送チャンネル:AXNミステリー

《再放送》2017年8月4日(金)夜9:00/2017年8月22日(火)夜9:00/2017年8月25日(金)夜11:00

(c)Mystery Channel Inc.

【作品紹介】

ダウントン・アビーやSHERLOCKがきっかけとなり、世界を席巻している英国ドラマ。そして、ドラマとともに、世界的に注目されるようになったのは、英国の俳優たちの質の高さである。では、なぜ英国ドラマ、英国の役者たちは人を魅了するのか?本番組では、AXNミステリー独自の視点である、英国の劇場文化と英国の俳優養成システムに焦点を当て、英国の演劇学校に留学経験がある鴻上尚史氏をナビゲーターに迎え、わかりやすく解説する。特に、番組では、英国の演劇学校の中ではトップ校である、王立演劇学校(RADA)への潜入取材を実施。ここまで本格的なRADAへの映像取材は、日本のメディアでは初の試みとなる。めったに映像取材を許可しないRADA内部の模様は見どころの1つである。放送後、AXNミステリー視聴者だけでなく、演劇ファンからもソーシャルネットワークを通じて多くの反響を得られた。

【審査委員講評】

日本のテレビ、映画の俳優、特に若い俳優を見ていて物足りなさを感じる人は多いのでは。番組内で、ナビゲーターを務める鴻上尚史が指摘するように、映画やテレビでは、撮影や編集によって、演技の拙さをカバーできるから、それなりに見られるが、それなり以上にはなりにくいということなのだろう。その点、海外ドラマで活躍する英国俳優の演技は見事である。番組は、その理由として、彼らの演劇経験の豊かさをあげ、一流の俳優を育て上げる英国演劇の伝統と俳優養成システムを丁寧に紹介する。留学経験のある鴻上氏の解説が具体的で、演劇に疎くてもすんなり理解できる。日本のメディアでは初という王立演劇学校(RADA)への本格的な映像取材も興味深く見ることができた。(近藤孝/読売新聞東京本社編集局文化部次長)

■ ■中継番組部門

「ゆる〜く深く!プロ野球」

放送チャンネル:NHK BS1

【作品紹介】

「ファウルボールは、1試合あたり何球?またどの方向に飛んでいくの?」、「球場で演奏されるオルガンはどのように演奏しているの?」、「球場の周辺は今どうなっているの?」などなど普段の中継ではとても扱えないマニアックかつゆる〜いネタを、中継とは別の独自カメラを駆使してご紹介。また、ツイッターやメールで寄せられた視聴者からの質問にも、アドリブでスタジオ出演者がお答えしました。ときには「わんぱく相撲と少年野球どっちを優先すればいい?」といった小学生からのお悩み相談にも親身に対応。細かな台本はいっさいなし。ある時は試合の流れに乗ってワンプレーにこだわり、またあるときは「完全脱線」して、気の向くままにトークを繰り広げました。この番組では、行われている「西武対巨人」の試合展開がまったくわかりません。そんな人には従来の野球中継である101チャンネルと切り替えながらご覧いただくことをお勧めしました。

【審査委員講評】

第7回衛星放送協会オリジナル番組アワード、中継番組部門において、『ゆる〜く深く!プロ野球』の最優秀賞受賞に際して、審査委員を代表し、一言、お祝いを申し上げます。野球中継を多角的に、尚且つ、視聴者からの質問に対し、スタジオの解説者から名回答を引き出し、野球好きのタレントを巧く使った飽きさせない演出、面白かったです。『エレクトーンの演奏』の説明、さらには、独自の視点から、『ファウルボール』にフォーカスし、試合中継と同時進行で、観ている人たちが、肩肘張らずに、まさに、ゆる〜く、深く、のんびり観戦出来る、素晴らしい番組でした。「野球は筋書きのないドラマ」とは言うものの、今ひとつ、盛り上がりに欠ける試合も、数多く見受けられるのも事実です。そんな時に、こんな中継であれば、ちょっとドラマティックな試合展開になるんではないでしょうか? 野球中継が、日々進化を遂げる中、次回以降も、奇想天外なものを提供してくれると期待をしております。何はともあれ、おめでとうございます。(小宮山悟/野球評論家)

■ ■アニメ番組部門

「甦るノルシュテインの世界 #1『霧の中のハリネズミ編』」

放送チャンネル:イマジカBS

《再放送》2017年8月3日(木)夜6:30

(c)2016 F.S.U.E C&P SMF

【作品紹介】

世界最高のアート・アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン監督作品をHD修復版で世界初放送!監督の紹介&監督本人による解説番組付き#1『霧の中のハリネズミ編』。世界中の映像クリエーターから尊敬を集めるロシアのアニメーション作家、ユーリー・ノルシュテイン監督の作品群を、イマジカBSの20周年記念として日本で完全修復。切り絵で描かれた繊細な画面が、世界唯一のHD高画質で甦ります。ノルシュテイン監督の魅力を紹介するミニ番組と、監督本人による貴重な作品解説付きで放送。収録作品:「キツネとウサギ」(’73)「アオサギとツル」(’74)「霧の中のハリネズミ」(’75)

【審査委員講評】

ユーリー・ノルシュテイン監督の作品の素晴らしさには、息をのむ。アニメに出てくる動物たちの悲しい顔、こころもとない顔、驚いた顔など、感情豊かで魅了される。この作品を日本で完全修復、HD高画質で独占初放送したことは、非常に価値があり、意義深い企画である。番組の前半で、ユーリー・ノルシュテイン監督の作品づくりに関する解説や、監督へのインタビューもあり、この番組でユーリー・ノルシュテイン監督作品の全体像も知ることができる。ドキュメンタリーとしても、見ごたえがあった。(田中早苗/弁護士)