7月16日に東京・阿佐ヶ谷駅前で「金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON』」(テレビ東京系ほか)の会見が行われ、出演する小泉孝太郎、松下由樹、大杉漣、石丸謙二郎、安達祐実、木下隆行、戸塚純貴、岸明日香が出席した。

会見は駅前で行われ、序盤から主演の小泉が「プラットホームの皆さん! 僕が誰か分かりますか? 街頭演説ではありません!」と声を掛け、集まった人々の笑いを誘った。

続けて小泉は「このドラマは台本1ページにつき1人1つはアドリブをしているんです。自分なりに思った言葉をこんなに発して放送されるドラマってなかなかないですよね」と、「ゼロ係」ならではのアドリブ劇について語る。

また、小泉演じる冬彦に振り回される相棒・寅三役を務める松下は「今回から戸塚純貴くんがレギュラーに加わります。彼の役柄が話す岩手弁が、現場を和ませてくれました」とエピソードを。

すると、戸塚が岩手弁を披露することに。木下から「はやらせたい言葉があるんやろ?」と振られると、戸塚は「そうなんです。劇中で何度も使っている『うげる〜』という言葉をはやらせたくて。若者が面白い時に『うける』って言う感じですね」とアピール。

さらに、記者からの質問では“なんでも相談室”にかけて、夏をエンジョイするためにモテる秘訣(ひけつ)を伝授してほしい!という相談が飛び出す。

男性陣が次々答える中、石丸は「男は誰でも二枚目の部分を持っていると思うんです。そういうところを引き出すために、列車に乗って旅に出ましょう」と、自身がナレーションを務める「世界の車窓から」(テレビ朝日系)を思わせるコメントをした。

会見の最後には小泉が「ゼロ係の世界観を、ぜひ放送を見て楽しんでほしいです!」と集まったたくさんの人々に向け、再度アピールしていた。