NHK BSプレミアムにて、7月17日(月・祝)朝10時30分より、星野源主演ドラマ「私が初めて創ったドラマ『怪獣を呼ぶ男』」が放送される。

本作は2010年にNHK佐賀放送局で制作、全国放送されたもので、今回はそのアンコール放送。ことし9月22日(金)にはDVDの発売も予定されているが、一足早く視聴できる貴重な機会だ。

星野が演じるのは、佐賀県のフィルムコミッション職員・副島広太。ある時、学生時代の友人で映画制作会社に勤める七絵(長澤奈央)から怪獣映画制作の話を持ち掛けられた広太は、映画を実現させるべく撮影場所探しに奔走することに。

やがて、広太が逃げ出した故郷の港町が撮影場所に選ばれて…というストーリーだ。

また、7月19日(水)夜10時からは「怪獣を呼ぶ男」と同じく佐賀放送局制作のドラマ「ガタの国から〜佐賀発地域ドラマ〜」がオンエアされる。

こちらは上白石萌音の他、哀川翔らが出演しており、有明海の干潟が広がる鹿島市や「美肌の湯」として有名な嬉野温泉がある嬉野市を舞台に、女子高生・片瀬未来(上白石)と、タイのアイドル・サムット(ティティ・マハーヨーターラック)が偶然出会い、心を通わせていく物語となっている。