7月16日深夜の「欅って、書けない?」(テレビ東京)で、「出来ないことは早めに報告!第2回私コレ、無理なんです発表会」が行われた。

この企画は、以前に番組の4枚目シングルキャンペーンのロケ時に、メンバーの米谷奈々未が、回し食いができないことが発覚したことから生まれたもので、今回は欅坂46メンバーに加え、けやき坂46のメンバーも参加した。

まず、欅坂46の小池美波が「トマトを食べている人を見るのが苦手」と告白。実際にMCの土田晃之と澤部佑がトマトを口にすると、それを見た小池は腰がくだけるほど嫌がり、執拗(しつよう)に目の前でトマトを食べる姿を見せようとするMC二人から逃げ回る一幕も。

このような心理について、番組でもおなじみの心理アナリスト・亜門虹彦氏が「幼い頃に見たゾンビ映画のワンシーンと、トマトを食べて赤い汁を口から出している人が、深層心理の中で結びついてしまっているのではないか」と少し強引とも思える分析結果を出した。

これに対して小池は、「9時に寝なかったら、FAXで怖いゾンビのような絵を送られてきて、それを描いているお父さんがよくトマトを食べていた」と話し、分析結果を疑っていたMC二人も亜門氏の鋭い分析を讃えた。

続いて、グループキャプテンの菅井友香と、けやき坂46の佐々木久美は、「ピエロ」が苦手と告白。そこで、普段の顔から段階的にメークでピエロになっていく澤部の写真を見て、どの時点でダメになるかを検証。すると二人とも口を大きくするメークが施された段階で「無理」と訴えた。

この心理状態について亜門氏は、「幼児期に良い人だと思っていた人の悪い一面を見てしまうとショック受け、良い人そうに見えるけど白塗りで素顔が見えないピエロの印象と結びついて、恐怖を抱いてしまうようになる」と分析。そして「このような人は、単なる良い人には警戒心を持ってしまい、逆に悪そうな人が意外と優しいというパターンにだまされやすいので気を付けてください」と付け加えた。

この分析結果を聞いたMC二人からだまされそうだから気をつけた方がいいとアドバイスされた菅井は、「気を付けなくちゃ」と感想を漏らした。

他にも亜門氏は、「柄の彫ってあるせっけんが苦手」という長濱ねるに対して「アイドルと言われると、アイドルと全く別のことをしたくなるタイプ」と推測。また「おがくずに入っているエビがダメ」と告白した尾関梨香に対しては「うそが苦手なタイプ」と分析し、この心理分析結果には、苦手を告白した本人たちも納得していた。

次回の番組内容は「抜き打ちカバンの中身チェック」。7月23日(日)深夜に放送される予定だ。