日本テレビ系で放送中の7月新土曜ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」に、2017年7月22日(土)放送の第3話ゲストとして岸谷五朗が登場することが分かった。

本ドラマは主演の錦戸亮が小林司役で、松岡茉優演じる妻・沙也加との新婚夫婦の奮闘を描くお仕事ホームドラマ。

岸谷は、世界的デザイナー・レイジカキタニ役で、派手な柄物のシャツに羽織、頭に大きなサングラスに長髪……と、奇抜な衣装で登場する。

収録を終えた岸谷は「短いシーンで主人公たちの心を動かさなければいけないということ、見た目もインパクトが大切だと思い、色々提案させていただきました。デザイナーの役だからこそ楽しめた部分ですね」と、納得の表情。

そして、錦戸とは、朝の連続テレビ小説「てるてる家族」('03年9月〜'04年3月、NHK総合ほか)以来、今回実に13年ぶりの共演。「当時、亮はまだ未成年でしたが、今はとても魅力的な男になっていて、リアルな芝居に変わっていました」と錦戸に変化があったことを告白。

続けて「すごく良かったなぁ。うれしいんですよ。まだなんだかよく分からない頃に会った子が、しっかり連続ドラマや映画の主役としていたり、良い芝居をしているのを見ると、『よしよし』って本当に親戚みたいな気持ちになっちゃう。元々すごくいいヤツで、その感じはまったく変わってなかった。いい成長を遂げていてうれしかったですね」と、しみじみ。

一方の錦戸も、それを聞き、「成長した姿を見せられたら、と思っていましたし、久しぶりに一緒にお芝居ができて、本当にうれしかった」と喜んだ。

■ 第3話のあらすじは…

司(錦戸亮)が慕う先輩“クロカワアキラ”が男性だと思い込んでいた沙也加(松岡茉優)は、家まで司を送ってきた黒川(壇蜜)が美人女性上司だったことに衝撃を受け、一人嫉妬心に苦しむ。そんな中、アルバイトの面接を受けに行った近所のパン屋で、偶然店員として働いていた高校時代の元カレ・名取(入江甚儀)に再会する沙也加。司を自分と同じ嫉妬心で苦しませないため、元カレとの再会を秘密にすることに。

一方、土方(佐藤隆太)から、ショッピングモールの集客イベントの企画を出すよう言われた司は、沙也加とみどり(江口のりこ)の力を借り、10本の企画書を提出する。しかし、コンペを通ったのは本命を引き立てるために出したダメ元企画で、世界的デザイナーのレイジカキタニ(岸谷五朗)の協力を仰ぐものだった。

司は一緒に企画を進めることになった田所(薮宏太)に文句を言われながらも、超多忙なレイジを捕まえるため奔走する。デザインに2カ月の時間が欲しいというレイジに対し、田所は2週間後に迫った締め切りを隠し、とりあえず仕事の確約をとることを優先しようとする。しかし、うそがつけない司は本当の締め切りを明かしてしまい交渉は決裂!

同じ頃、沙也加は名取との関係について司にうそをついてしまう。マタ友のあかり(イモトアヤコ)が話していた「うそをつくと関係性が静かに変わる」という言葉に罪悪感を抱える沙也加は、夫婦間の微妙な変化に不安を感じていて…。