スペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕等はまだ知らない。」(2015年)のメンマこと本間芽衣子役で話題を集め、2016年には麻雀漫画の実写ドラマ「咲-Saki-」で連続ドラマ初主演。2017年も続々と話題映画への出演が決定するなど、メキメキと演技派女優の頭角を現す彼女に、最新出演作・映画「君の膵臓をたべたい」(7月28日金曜公開)への思いをインタビュー!

■ 思いを込めて丁寧に

――「君の膵臓をたべたい」というインパクトのあるタイトルですが、最初に聞いたときはどんな印象を持ちましたか?

単純にどんな話なんだろう?って。ホラーみたいには思わなかったんですけど、ストーリーもテイストもまったく見えてこなくて……。すごくインパクトのあるタイトルだなって思いました。でも原作や脚本を読ませていただいて、そうだったんだ!と。衝撃でしたし、このタイトルに込められている思いを感じて、素敵だなと思いました。

――演じた“桜良”という役についてはどう感じましたか?

原作に出てくる言葉が本当に素敵で。とくに桜良ちゃんの台詞はすごくかわいらしくて、桜良ちゃんって女の子が好きになりましたし、演じさせていただくのが楽しみになりました。

――どんな風に演じようと思いました?

桜良ちゃんはみんなに愛されている女の子で、ちょっとズルイところもありながらも笑顔がすごく印象的で。精一杯笑って、笑顔をふりまくような女の子を演じられたらなと思いました。その笑顔も、周りに心配をかけないように笑っているという面もあるので、演じるときも思いを込めて、丁寧に笑うように心掛けました。

――演じる上で難しかったところは?

最初のほうの撮影で【僕】と図書館でたくさん会話するシーンがあったんですけど、そのテンポ感を出すのが難しかったです。桜良ちゃんはパッパッとテンポ良くコミカルに返すんですけど、その感じがなかなか摑めなくて……。テンポ感については監督ともたくさんお話しさせていただいて、徐々に摑んでいくっていう感じでしたね。

■ 共演者たちとの撮影秘話

――【僕】役の北村匠海さんとは2人のシーンについて何かお話をされたりしましたか?

役について話すってことは、まったくしてないですね。お芝居しながら徐々に【僕】と桜良の間合いを摑んでいくという感じだったと思います。お互いに1人でいるのが大丈夫なタイプだったので、現場でも絶妙な距離感でした(笑)。

――北村さんのほか、親友の恭子を大友花恋さんが演じるなど年齢の近い共演者の方もいましたが、現場の雰囲気はどうでしたか?

私本当に、(共演者の方に)自分から話しかけに行くのはすごく苦手なんです。でも、花恋ちゃんがお姉ちゃんのようにたくさん話し掛けてくださって。撮影が終わる頃には花恋ちゃんの部屋に遊びに行ってお話しするくらい、仲良くさせていただきました。映画の中でも親友の仲だったので、現場でもたくさんお話させていただいて、楽しかったです。

――今回の作品や役についての話が多かったんですか?

それだけじゃなく、お仕事の話も。例えば、前の現場がすごく大変だったとか。そういう話もこれまで年齢の近い方としたことがなかったので、すごく新鮮でした。

――桜良という難しい役を演じている中で、相談できる相手が身近にいたのは心強かったですね。

そうですね。話すことで心が軽くなりました。とくに撮影の最初のほうは悩むことも多かったので。私も花恋ちゃんも同じことで悩んでいたり、まだ探りながら演じていたりってことがあったので、それを共有できて。本当、お姉さんのようでした。

――また、12年後の【僕】を演じた小栗旬さんとのシーンはいかがでしたか?

小栗さんとのシーンは少しで、なかなかお話できなかったんですけど、とくに印象的だったのが、小栗さんが来てから台風の進路が変わったこと(笑)。台風が接近していて、どうしようってなってたんですけど、小栗さんが「いや、台風はどっか行くから」と言ったら、本当にいなくなっちゃったんです。さすがだなぁって。私もこういう風に言えたらいいなって思いました(笑)。

――映画撮影中、印象的な思い出ってありますか?

博多のシーンは私自身も楽しく、笑顔も桜良ちゃんとして精一杯笑えていたかなと思うのですごく好きです。膵臓の病気を患っているということで、撮影期間中はご飯の食べる量も少し抑えていて。なので、博多に行っても撮影の合間に食べに行ったりもできなかったんですが、本番のときに博多名物を初めて食べることができて、リアルに感動しました(笑)。なので、すごく印象に残ってます。

――博多のシーンは本当に楽しそうなのが伝わってきました。浜辺さんも食べるのが好きとのことですが、あのシーンは素に近かったりしますか?

そうですね。桜良ちゃんと私は全然違うなって感じることが多かったんですけど、そういう中で共通する部分はやっぱり食べ物だなって。ラーメンとかを見てはしゃいじゃうっていうのは、自分の素に近いと思います。

――違うと思うのはどんなところですか?

誰かにとって太陽になるような雰囲気や、相手との壁をぶち破って距離を近づけるっていうのは、なかなかできることじゃないと思います。とくに私は、質問するのもためらうくらいなので……。桜良ちゃんの距離の詰め方はすごいなって思いますし、いい意味でグイグイ入っていける強さは私にはないところです。桜良ちゃんを演じて、自分ももっと明るくなりたいなって。いつの間にか明るくなっていたらいいなと思います(笑)。

――完成した作品を見て、いかがでしたか?

【僕】が大人になってからのシーンは私も試写会で初めて見たんですが、自分でも恥ずかしいくらい号泣しちゃいました。自分が出演した作品を見て泣くなんてなかなかないんですけど、今回は作品として純粋に感動してしまって。この作品に込められたメッセージがみなさんにも届いたうれしいです。

■ 今後チャレンジしてみたい役とは?

――“キミスイ”公開後、今年9月30日(土)には映画『亜人』の公開が控えています。この作品では佐藤健さんと共演されていますが、ご一緒した印象は?

佐藤さんとは兄妹の役で、一緒のシーンも多かったんです。原作と映画とではちょっと違う部分もあったので、最初の段階から役についてとか、2人の距離感だったり、詳しくお話しさせていただいて。現場でもお兄ちゃんのように話し掛けてくださったこともあって、すごく心強かったです。

――デビューして6年、主演も含めて出演作も増えてきましたが、今後、挑戦してみたい役はありますか?

お声を掛けていただける作品はすべて挑戦したいんですけど、私はとくにミステリー小説を読むのが好きなので、そういう作品に携われたらいいなと思います。小説では謎を解決するような役にワクワクするので、そういう役をできるような女優さんになりたいなって。今回の“キミスイ”もそうですし、次の『亜人』もなんですが、これまで病気だったり、か弱かったりという役が多くて。ロケで病院とかよく行くなぁと思ってて(笑)。今はそんな女の子っぽい役が多いですけど、いつかもっとパキパキとした役ができたらいいなと思います。