スターチャンネルで放送中の「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」の日米同時放送カウントダウンイベントが7/17(祝・月)に行われた。会場となった東京・六本木ヒルズには、3人のゲストが登場。その顔触れは、来日したブラン・スターク役のアイザック・ヘンプステッド=ライト。そして、そのブラウン役を日本語吹き替え版でつとめた声優の福山潤。さらに、今年5月に第一子となる男児を出産した安田美沙子。安田は、産休中から「ゲーム・オブ・スローンズ」を始めとする海外ドラマにはまっており、ファン代表としての登壇だった。

壇上では、安田がブラン役のアイザック・ヘンプステッド=ライトとの対面に感慨ひとしおだったが、彼の“変化”にはビックリした様子。実は、安田が最近見た「ゲーム・オブ・スローンズ 第一章」ではアイザックはまだ子役だったが、それが今や18歳! 安田が「女の子かと思うほどかわいかった」と感じていた男の子が、目の前にいる自分よりも身長の高い青年と同一人物であることが、なかなか受け入れにくかったようだった。

ただ、こうした反応にはアイザックも慣れっこの様子。第一章の収録からは7年の歳月が流れており、「その間、みんなに言われるように身長も伸びたし、この作品に出演することでたくさんのことを学び、たくさんの友人も作れたんだ」と“大人”の回答をしてみせた。

イベントでは、「第七章」のタイトルにちなんで、氷と炎をイメージしたかき氷を、安田がアイザックにプレゼントするシーンも。奇しくもこの日の東京は、今年初の猛暑日を記録。初来日のアイザックは、初猛暑日に、初かき氷という、初物づくしを楽しむことになったが、そんなアイザックに安田からひとつお願いが。かき氷のお返しに「第七章の秘密を教えて」とおねだりしたのだ。だが、この質問にアイザックはニヤリ。まさかの日本語で、「ネタばれキンシ!」とバッサリ。もちろん、事前にしっかり覚えてきた日本語なのだろうが、アイザックは自分の日本語にまんざらでもない様子で、続いて会場に福山が吹き替えをした映像が流れると、「自分の日本語が上手くなったみたいだ」とさらにご満悦だった。第六章からブランの声を当てている福山は、ご本人からお墨付きをもらった形だ。

第七章のみどころを聞かれたアイザックは「時代も、ジャンルも設定されていない世界で、老若男女誰でも楽しめるドラマになっている」とアピール。彼が演じるブランは、第七章ではストーリーの重要なカギを握る人物になるとのことで、大きく成長したアイザックは、存在感も役柄もますます大きくなるようだった。