Sexy Zone・中島健人が主演する実写映画「心が叫びたがってるんだ。」(公開中)の初日舞台挨拶イベントが7月22日に都内で行われ、中島が「ここさけ」メンバーへのあふれる思いを叫ぶなど、愛あふれる展開となった。

映画「心が叫びたがってるんだ。」は、大ヒットした劇場版オリジナルアニメ「心が叫びたがってるんだ。」の実写版。他人に本音で向き合うことが苦手な拓実(中島)、幼いころの出来事が原因で言葉をしゃべることができない順(芳根京子)、拓実と付き合っていた過去と向き合えずにいる菜月(石井杏奈)、肘を故障して挫折した野球部の元エース・大樹(寛一郎)の4人が、ミュージカルの上演を通して大切な人に思いを伝えようともがく、青春ラブストーリー。公開初日に行われた舞台挨拶には、中島・芳根・石井・寛一郎とメガホンを取った熊澤尚人監督が登壇した。

キャストの面々には、登場人物たちが言葉によって強くなっていくストーリーと絡め、「自分を強くしてくれたものは?」の質問が。これに中島は「ポジティブシンキングです」と回答。ファンに熱烈なメッセージを送ることで知られる中島だが「明るい言葉にすごく強くしてもらっています」と、“言葉”に力をもらっていることを明かした。芳根は「(演じた)順が強くしてくれました」、石井は「ここさけメンバーです。メンバーのおかげで、人見知りを克服できました」と、それぞれ今作から得たものはとても大きかったよう。新人ながら主要キャストという大役を果たした寛一郎は「睡眠です。12時間ぐらいは寝ますね(笑)」と大物ぶりを見せつけ、中島に「(12時間あれば)アメリカ行けるわ!」とツッコまれる一幕も。

最後には「初日を迎えた今、ここで叫びたいこと」というお題で4人がそれぞれ「こ」「こ」「さ」「け」を頭文字に言葉をつなぐ“ここさけ作文”を披露することに。しかしこのお題、じつは中島以外のメンバーは打ち合わせ済みのドッキリ企画。トップバッターの寛 一 郎が「こんにちは」、石井が「このメンバーで、ここまでこれたのも」、芳根が「最高に最強な座長のおかげです。そんなウチの座長は!?」と続けると、「け」を受け持った中島は「ケンティです(笑)…ここさけメンバー、マジで大好き!」とメンバーの愛を受け止め、喜びを爆発させた。そんな4人のやりとりを受け、熊澤監督は「言葉は人を傷つけてしまうが、すごく助けられることもあると思います。明日、明後日と前向きに生活してほしいなと思います」と、会場に力強いメッセージを送った。

最後には、中島が「言葉の色、重み、大事さを大切にしている作品です。言葉は人を強くしますし、最高の失恋映画で、皆さんの明日がよりよいものになると信じています。『ここさけ』を愛してください!」と締めくくり、「最高の青春が皆さんの未来に待っています! 最高の青春を! 最高の青春を過ごしてください!」と熱いメッセージを叫びながら会場を後にした。