欅坂46が7月23日、山梨・富士急ハイランドのコニファーフォレストで初の単独野外ライブ「欅共和国2017」の2日目を開催。約2時間にわたり21曲を披露し、7月22日&23日の両日合わせて計2万5000人のファンを熱狂させた。

■ フラッグパフォーマンスより「欅共和国2017」が開幕!

オープニングでは、荘厳な音楽と共和国の“国旗”を思わせるフラッグを使ったパフォーマンスで観客を鼓舞。その後、Overtureに続いてデビューシングル「サイレントマジョリティー」を披露し、わずか数分間で欅坂46の世界観を作り上げた。

MCパートに入ると、副キャプテンの守屋茜が「私の一番嫌いな言葉を知っていますか? それは、は・い・ぼ・く…敗北です! 私、絶対に負けたくないんです。この夏、どのイベントよりも欅坂のライブを一番にしたいんです。そのために“国民”の皆さん、協力してくれますか?」とファンに呼びかけ大きな声援を浴びた。

志田愛佳、菅井友香、守屋、渡辺梨加、渡邉理佐によるユニット・青空とMARRYが歌う「青空が違う」や上村莉奈、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺、渡邉が参加するユニット・FIVE CARDSの楽曲「僕たちの戦争」のパフォーマンスが終わると、会場にエンジン音が鳴り響いた。メインステージからバイクが登場し、その後部座席には真っ赤なスーツに身を包んだ平手友梨奈の姿が。曲が始まると自身の足で中央ステージや花道をフルに移動しながらソロ曲「渋谷からPARCOが消えた日」を力強く歌い上げた。

■ けやき坂46が大自然のライブで大興奮!

続いて、後発のチームであるけやき坂46(通称:ひらがなけやき)が登場し、「ひらがなけやき」「僕たちは付き合っている」を披露。MC担当の佐々木久美が「この大自然の中でライブができて、私たちうれしくてうれしくて仕方がないんです。だって富士山が見えるんですよ」と会場のロケーションを絶賛したものの、独特の感性を持つメンバーとして知られる齊藤京子は「自然の中だとどこに虫がいるか分からないじゃん! 皆さん、草むらの歩き方、分かりますか? みんなお化け屋敷の中を進めないでしょ? 私はその“草むらバージョン”なの。進めないの〜」と話し笑いを誘った。

■ ラストには平手友梨奈のMCでアルバム収録曲もパフォーマンス!

そんなMCパートがある一方で、歌詞、パフォーマンスともに硬派な「大人は信じてくれない」、公開されたMVの個性的なダンスが話題となっている「エキセントリック」など、欅坂46らしい楽曲で中盤を盛り上げた。ライブ本編のラストはけやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」、欅坂46の「手を繋いで帰ろうか」で締めくくられた。

アンコールの一発目には、AKB48の47thシングル「シュートサイン」の収録曲で、48グループと乃木坂46、欅坂46の坂道シリーズの選抜メンバーで構成されたユニット・坂道AKBの「誰のことを一番 愛してる?」を披露。オリジナルとは異なる人数、フォーメーションながら“欅坂バージョン”としてのアレンジで高いパフォーマンス力を見せつけた。さらに、“僕は嫌だ!”のフレーズで知られる4thシングル「不協和音」でもその表現力で観客を圧倒した。

キャプテンの菅井は「今回、欅共和国に向けてリハーサルしたりとか、本番を迎えてやっぱり欅坂が大好きだなって、みんな思ったよね? こうやって応援してくださる皆さんとかスタッフさんに愛情をいただいて、支えていただいて今日を迎えることができて、今年の夏も頑張りたいなと思いました。皆さんありがとうございます!」とあいさつ。ライブエンディングの定番曲となっている「W-KEYAKIZAKAの詩」では会場がペンライトの緑色一緒に染まり、メンバーと観客が一体となった。

大ラスでは、ライブのMCパートでは珍しく平手がマイクを手にし、「今年は私たち欅坂46初の全国ツアーを行います。全国の皆さんにパワーをお届けしたいなと思いますのでぜひ遊びに来てください。そして、ここにお越しいただいている皆さんにもう一曲披露させてください!」と盛り上げ、7月19日にリリースされた1stアルバムの収録曲「危なっかしい計画」でクライマックスに。曇天ながら持ちこたえた富士山麓の空に花火も打ちあがり、同グループにとって初の単独野外イベントが幕を閉じた。

取材・文=大小田真

【欅坂46「欅共和国2017」セットリスト 2017年7月23日 富士急ハイランド・コニファーフォレスト】

M1. サイレントマジョリティー

M 2. 世界には愛しかない

M 3. 二人セゾン

M 4. 青空が違う

M 5. 僕たちの戦争

M 6. 渋谷からPARCOが消えた日

M 7. ひらがなけやき

M 8. 僕たちは付き合っている

M 9. 大人は信じてくれない

M 10. エキセントリック

M 11. また会ってください

M 12. 制服と太陽

M 13. 微笑みが悲しい

M 14. 割れたスマホ

M 15. 語るなら未来を・・・

M 16. 誰よりも高く跳べ!

M 17. 手を繋いで帰ろうか

(アンコール)

M 18. 誰のことを一番 愛してる?

M 19. 不協和音

M 20. W-KEYAKIZAKAの詩

(ダブルアンコール)

M21. 危なっかしい計画