アイドルグループ・欅坂46が、同グループ初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」の制作を決定し、7月24日に制作発表イベントを開催。歴代の衣装を身にまとい、ゲームのデモンストレーションなどを行った。ゲームに挑戦した長濱ねるや土生瑞穂らは「難しかった」と、感想を明かした。

公文善之ディレクターと欅坂46のキャプテン・菅井友香をはじめ、守屋茜に長濱ねる、石森虹花ら14人が登壇した同イベント。メンバーは楽曲をはじめとした歴代の衣装を身にまとって登場した。

欅坂46が結成し、最初に着たという衣装を着用した石森は「結成当時は、どんな衣装を着て、どんな楽曲でデビューをするのだろう、というわくわくした気持ちでいっぱいだったのをよく覚えています」と、当時を振り返る。

アプリのコンセプトを体現したプロモーショントレーラー映像も公開。映像内にはメンバーの懐かしいカットがあるなど、ゲームアプリのタイトル通り、欅坂46のキセキ(軌跡)をたどる発表会となった。

また「欅のキセキ」のデモンストレーションでは、ゲーム内にメンバーの声が入っていたり、メンバーを模したゲームキャラが登場したりと、ファンにうれしいポイントがちりばめられており、メンバー自身もファンも存分に楽しめる内容に。1800種類のストーリーがあると聞いたメンバーからは、思わず「すごい!」と感嘆の声も。

ゲーム内容にちなんだメンバーのトリビアの発表も行われ、小池美波からは「実は時代劇が好き 」という発表があったりと、今まで知らなかったメンバーの一面が明らかに。

他にも、ゲーム内でしか見ることのできないメッセージ動画の実演なども行われ、盛りだくさんの内容で、メンバーも今後リリースされる「欅のキセキ」について「たくさんの方々に『欅のキセキ』を通じて私たちの歴史を知ってもらいながらゲームを楽しんでもらえたらうれしいです」と語っていた。

そして今回、MCから秋元康が本作品のサウンドプロデューサーに就任したことがサプライズで発表され、メンバーからは驚きと歓喜の声が上がった。

メンバーの中でも特にゲーム好きだという佐々木久美、長濱、土生が、ゲームのデモンストレーションに挑戦することに。

ゲーム内で使われているシーンに、チーム名にもなっている六本木のけやき坂が使われているのを見たメンバーは「すごい!」「うれしい!」とその世界観に引き込まれた様子。

土生の実演では、公文ディレクターに操作方法を質問しながら時間内ギリギリでのクリアとなった。公文ディレクターから、ゲーム内の壁は欅坂がさまざまな壁を越えていく様子を表現したと聞き、目を輝かせていた。

また、「欅のキセキ」では、ゲームを進めていくと報酬動画としてメンバーからのメッセージ動画を見ることができるということで、メッセージ動画の実演を高本彩花、守屋、渡辺梨加が行った。

メッセージはテーマごとに撮られており、実演した渡辺は照れからか言葉に詰まっている様子を見せながらも「レッスン後など普段のふとした会話の中で」というテーマで最後まで愛らしく実演した。

他のメンバーからは「 かわいい!」という声が上がったり、拍手が起こり、会場は大いに盛り上がった。

さらに、当日は秋元康が本作品のサウンドプロデューサーに就任したことをメンバーにサプライズで発表するという場面も。メンバーは驚きと喜びをあらわにし「すごい! 楽しみ!」と語った。

なお、「欅のキセキ」は2017年秋頃の配信を予定している。