東野幸治とウエンツ瑛士が司会を務めるバラエティー特番「土曜プレミアム『芸能人が本気で考えたドッキリさせちゃうぞGP』」(夜9:00-11:10フジテレビ系)が、8月5日(土)に放送される。ドッキリを知り尽くした芸能人が自分で考えた“ドッキリVTR”を作る特番の第3弾で、“ドッキリクリエイター”には、3回目の出演となるヒロミ、堀内健に加え、寺田心、加藤一二三、成田凌らが登場する。

2人でのMCも3回目となる東野とウエンツだが、ウエンツは司会でありながら、毎回何かしらの形でドッキリを仕掛けられていることもあり「僕はもう東野さんと2人でMCとかそういうことは何も考えてないです。(東野さんが)毎回ドッキリを仕掛けてくるので、単純に“嫌なやつ”というくくりでしか見てないです」とややキレ気味に話す。

静かに聞いていた東野は「ウエンツ君が進行してくれるから、僕はVTR見ながら大いに楽しもうというスタンスで番組始まったんですけど、『ゲストの方に聞いてください』っていうカンペが出てるのになかなか聞かないんですよ! 全然聞かないから、何か地味なドッキリが始まってるのかと思ったくらい! 打ち合わせではウエンツさんが仕切りますからって聞いてたけど?」と話すと、ウエンツは「いざカンペが出たら、やろうと思うんですけど、できない自分にドッキリしてました」と反省していた。

さらに東野は「筆箱持参でMCしてるの芸能界でウエンツさんだけ! でも最初だけで、VTR中にツッコむところをちゃんと書いて、2本目のVTRから一切ペン持ってなかった」とばらされたウエンツは「メモが日の目を浴びることは一度もなかったです…」とさらに反省。

また、今回は東野とウエンツが協力して大御所・泉ピン子にドッキリを敢行。

ウエンツは「ドッキリを仕掛けた後に、僕と東野さんでどういうふうに謝ったら、面白くかつ、『ドッキリだったんだ!』とピン子さんが驚いてくれるかを細かく考えました」とロケを振り返る。

そこに東野が「そういう意味では今回のドッキリ良かったんじゃないの?」と問うと、ウエンツは「はぁ?」とまたもキレ気味。

どうやら企画の途中でウエンツにハプニングが起きたようで、ウエンツは「ここが東野さんの分からないところで、カメラが回っていないときにすごく真面目な仕事の話をしてくれるんですよ! 30代に入ってどういう仕事をしていくか、とか。どんどん信頼してって、ふた開けたらアレですよ! 本当の東野幸治はどこにいるのか!」と訴えた。

終始キレ気味で話すウエンツだが、東野にとってウエンツは後輩。後輩が好き放題に言う様子を見て東野は「先輩に対して、こういうことを言うじゃないですか? ヒロミさんも『先輩に対してその口の利き方よくないよ』って言ってたし、ウエンツはみんなに怒られてんねやから。全員が『ウエンツ調子乗ってる!』て言ってる(笑)。松本(人志)さんにも言われてるやろ?」と聞かれたウエンツは「言われます。最高! 楽しいっす!」となんだかんだで、先輩にかわいがられる後輩キャラのウエンツだった。