7月25日放送の「内村てらす」(日本テレビ系)で内村光良が、いつもスーツを着ている深い理由を語った。

内村光良司会のもと、若手お笑い芸人がロケに繰り出すお笑い番組「内村てらす」だが、この日はスペシャル企画として、内村、バカリズムらが迷える芸人たちのお悩みを解決するべく、本気のダメ出しをする様子がオンエア。

2016年のM-1王者・銀シャリが「東京で売れたい!」と相談。バカリズムはお揃いのチェックのシャツで登場した銀シャリに「ダサい!」と一言。

「ピンになった時から衣装はずっとスーツ。見た目をあまり個性的にすると、どこ行ってもそこイジりから始まって、かったるい。コンビ時代も全身黒だった。宣材写真は何年も使用するから流行を取り入れると2〜3年もするとダサく見えちゃう。一番怖かったのは、コンビがダサく見えること」と持論を展開した。

内村も「俺も基本はスーツ。なんでかっていうと、南原(清隆)がラフな格好をしていたから。コンビでバランスとらなきゃって。でも、俺もたまには短パンを履きたかった……」と意外な告白が飛び出した。

また、番組内では、福岡出身のバカリズムが標準語を使っている理由も明らかに。

大阪から東京へ進出した先輩でもあるノブ(千鳥)が、「東京は大阪に比べて、全てがデッカイ。東京に飲まれないことが大切」とアドバイスすると内村は「俺なんか本当に田舎者だったから、横浜駅の界隈をてっちゃん(出川哲朗)がいつも案内してくれて。ピザの『シェーキーズ』に連れてってもらった時は衝撃でした。18歳の僕には」と上京した当時を振り返り、スタジオはほっこりしたムードに。

しかしバカリズムが「大阪の芸人は、かたくなに大阪弁を守るじゃない。それで『東京になじめない』って、当たり前だ!僕は、魂を捨てて標準語にしているから!」と辛らつなアドバイスを連発していた。

「内村てらす」のレギュラー放送は毎週木曜、夜1:29より放送中。