真木よう子主演のドラマ「セシルのもくろみ」(毎週木曜夜10:00-10:54フジテレビ系)は、ファッション誌を舞台にした大人の女の群像劇。華やかなファッションや、女同士の人間関係などに目がいきがちだが、意外なところから話題となっているものがある。

真木演じる主人公・奈央が、読者モデルになる前より働き続けている弁当&惣菜店「春日部キッチンもりもり」の特製ポテトサラダ“奈央スペシャル”。

本作では、奈央が出勤する日のみに現れる特別メニューとして登場するが、真木本人も公式Twitterで「彼女と惣菜屋ナウに使っていいよ」などとツイートした影響もあり、SNS上では「奈央ちゃんのポテサラ食べたい!」「出前お願いします!」など、ひそかな話題となっている。

その反響を受け、本家“奈央スペシャル”のレシピが初公開された。

「普段から料理を作る奈央なら、冷蔵庫にある食材でアレンジをするはず」という現場スタッフの声を採用し、一風変わったレシピとなっている。

ポテトサラダといえば、ジャガイモやニンジンなどが基本的な材料だが、“奈央スペシャル”では枝豆、ウインナー、空揚げなど、主婦がよく使う材料で工夫が凝らされている。

前回20日の放送では、吉瀬美智子演じる圧倒的人気を誇るカバーモデル・由華子の家を訪れた奈央が、泥酔した夫を介抱する由華子の姿を目撃してしまう、という展開で終了した。

今夜7月27日(木)放送の第3話でも登場する“奈央スペシャル”は、どんな場面で登場するのか。ドラマ本編とともに、楽しみの1つとなりそうだ。