山崎賢人主演映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」がいよいよ8月4日(金)に公開される。シリーズ累計1億部を突破し、世界的な人気を誇る荒木飛呂彦の人気コミックの実写化だけに注目度も高い本作。これから公開まで盛り上げる波に乗って、WEBザテレビジョンでもキャスト、監督によるリレー・インタビューを集中連載。第2回目に登場するのは、主人公・東方仗助(山崎賢人)の前に立ちはだかるスタンド遣い・虹村形兆を演じた岡田将生である。

■ 原作の大ファンだったので、実写化には「マジか…」という気持ちもありましたね(笑)

――虹村形兆役のオファーが来た時の感想を教えて下さい。

「原作の大ファンだったので、本当に実写化するんだなあと。正直に言うと、ファンとしては“マジかあ……”という気持ちもありました(笑)。ただ、20代後半になって形兆のような役が出来るなんてありがたいなと。好きだからこそ思い入れがあるので、関わる限りは全力で演じようと思いました」

――形兆はどういう人物だと捉えいましたか?

「絶対的な悪ではなく信念を持ったキャラクターだと思います。原作でもファンが選んだ『ジョジョ三大兄貴』といわれる人物なので、その感じを少しでも出したいと考えていました。ただ、今回の形兆は原作にはないセリフを言います。アンジェロ(山田孝之)を矢で射抜いた時に言う、“出会いとは重力”というセリフとか。荒木(飛呂彦)先生から6部に出て来るプッチ神父の言葉を入れたいとリクエストがあったみたいで。それを本番前に三池(崇史)監督に言われたんですよね。凄く重いセリフをいただいちゃったなあと(笑)。4部に出て来ない『重力』という言葉を使うことで、実写の世界観がより一層深まった気がします。そういうこともあったので、今回はセリフを凄く大事にしていたと思いますね」

■ スペインの町を億泰と歩いたら、現地の方々が相当ビックリした顔をしていました

――そして久しぶりに学ランを着ることになった訳ですが。

「でも、形兆は学校に通っていないんですよね。とは言っても、久々の学ランは……やっぱり恥ずかしいですよ(笑)。ただ、あの衣装を着て現場に入ると、“よし、来い!”という感じになりましたね。改めて衣装やビジュアルは凄く大切なんだなと実感するいい機会になったと思います」

――そのビジュアルですが、かなり試行錯誤を繰り返したと聞いています。

「色んなことを試しながら、髪型や衣裳を決めて形兆のビジュアルは出来上がりました。メイクさん、衣装さんが本当に素晴らしくてカッコいいキャラクターになったと思います。ただ、撮影したスペインで億泰(新田真剣佑)と並んで歩いていたら、現地の方々が“クレイジーなヤツらがいる”と相当ビックリした顔で見ていたので、慣れるまでは時間がかかりましたね(笑)」

――特殊な衣装ですが、着こなしで意識した部分はありますか?

「自分にピッタリの衣装を作ったので、体型の維持は絶対でした。でも、スペイン料理でかなり太ってしまって(笑)。僕だけでなく、(山崎)賢人もマッケンも神木(隆之介)も肉食べ過ぎという感じで、毎日のように海岸沿いを走っていましたね」

――髪型はいかがでしょうか。

「僕はそこまで時間は掛からなかったんですが、一度作ったらその日の撮影が終わるまで崩せないんですよね。でも、賢人のリーゼントの方が大変そうでした。撮影が終わって髪を崩した瞬間は二人とも気持ち悪い状態になっていて、よくゲラゲラ笑っていましたね」

■ 特異な作品、キャラ、世界観だからこその違和感を大事に、CG撮影は楽しんでいました

――形兆を演じるプランは考えていましたか?

「最初はあったんですけど、三池監督の頭に構想が出来ていたので、そこでOKをもらおうと必死でした。だから、虹村兄弟の関係性と『ジョジョの奇妙な冒険』だからと堅くならずに、なるべく現場で自由にいることだけを心がけていました」

――スタンドが絡む撮影は特殊だったと思いますが。

「今回は絵コンテを見たり、現場で説明してもらったりしながらの芝居だったので、撮影中は想像力を働かせていましたね。ただ、それほど戸惑うことはなかったと思います。作品を観て“あ、こんなふうになったんだ”と思うシーンは結構ありましたけど」

――形兆のスタンド、バッド・カンパニーは想像しづらいと思いませんでしたか?

「どちらかといえば、楽しんでいました。“後ろから戦闘機が飛んで来まーす”“テンションを上げて、ミサイル、飛びまーす!”と指示が出て、そうなのかと(笑)。特異な作品、キャラクター、世界観だからこその違和感を大事にしていたというか。普段は自分の中で違和感を排除しながら演じることが多いんですけど、今回はその違和感を楽しんでやろうと。特に、CG撮影は楽しくやっていたと思います」

――形兆に対する三池監督からのリクエストはありましたか?

「衣装合わせの時に話そうと思ったら、笑顔で“任せたよ”と(笑)。僕が原作を好きだというのをわかった上での言葉だと思います。監督に言われたのはそれだけです。ただ、僕がクランクインして最初のカットを撮った時に、モニターを見ていた監督が“キャーッ!”と言ってくれて(笑)。墓場で葬式を見ているカットだったんですけど、その瞬間に形兆の佇まいも含めて安心しました。この延長線上で演じていけばいいんだと」

■ スクリーンでスター・プラチナを観た時は“スゲエ!”と前のめりになっていました。

――完成した作品は観たと思いますが。

「自分が出ている作品は、恥ずかしさや反省も含めてちゃんと観られないというのはありますけど、スタンドが出て来た時に前のめりになっていました。個人的には、スター・プラチナを観た時に“スゲエ!”と思いましたね。それに三池監督はこれまでの作品もそうですが、役者を凄くカッコよく見せますよね。今回もプレッシャーを跳ね返して大役を務めた賢人、いつも通り凄い存在感を発揮していた孝之さん、出ているみなさん全員が本当にカッコいいです。多彩なキャラクター、細かな演出、一瞬も飽きることなく最後まで観ることが出来ました。だから、原作ファンの人達にも楽しんで観てもらえるんじゃないかなと思いたいです(笑)」

取材・文=あらいかわこうじ