バカリズムとマギーがMCを務める音楽バラエティ「バズリズム」(日本テレビ系)。7月28日(金)の放送では、トークゲストに結成20周年の「氣志團」が登場。8月9日にリリースされるニューアルバム、結成20周年記念盤「万謡集」に楽曲提供したミュージシャンからそれぞれ祝福のメッセージとともに、綾小路翔の禁断の裏側を大暴露する「ゆかりの人からお祝いSP」が行われた。

■ TAKURO(GLAY)「正直、GLAYをなめている」

まずはTAKURO(GLAY)から、「彼はすごくオシャレなのでセンスの良い時計を必ず身に付けていますが、まず待ち合わせの時間に来ない。お前の時計はなんなんだ!と。なんの為にあるんだと。しかも初めて会った時、僕に誕生日プレゼントを準備してくれていたようですが、それをタクシーに忘れてしまい追いかける…。結局綾小路が現れたのは待ち合わせの40分後という有様。正直“GLAY、なめられてる”と思っています」とのコメントが寄せられる。

これに綾小路は、「GLAYをなめてることはない」とした上で、「(TAKUROへの)プレゼントが目覚まし時計で、その時計に自分の声を吹き込んでプレゼントしたんですよ。あれは今思うとGLAYなめてたな」と説明。

■ 宮藤官九郎「真面目」

続いて宮藤官九郎(グループ魂)は、メンバーの意外な一面として「真面目!翔やんは初めて舞台一緒にやった時に全部台詞覚えてくるし、演劇やってる人より全然真面目」と話し、他の氣志團メンバーもその芝居を観にきた時、お揃いの革ジャンを着ており、もじもじしながら綾小路に“良かったよ”と言っていたという、ほっこりエピソードを披露。

■ 森山直太朗「毎年アニバーサリーイベントをやっているのでは」

森山直太朗は「なんかあの人たち、クレームみたいになっちゃうんですけど、バンド結成20周年とか、デビュー20周年とか、毎年アニバーサリーイベントやってる気がするんですけど、これ気のせいですかね?それにかこつけて商売してる感じがする」と言い、綾小路の意外な一面として、酔うと寝てしまい、森山が介抱すると「優しくして〜もっと優しくして〜」と甘えてくることを暴露。

これに綾小路は、「あまり甘えたことがないので、甘えてみたい。という願望はあります。夢は女の子の胸でわんわん泣く」と答えマギーの爆笑を誘った。

■ 鬼龍院翔「職務質問された」

弟分の鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)からは、綾小路と2人で街を歩いていた時に職務質問されたことが明かされ、綾小路は「目立たないように歩いてたんですけど、それがいけなかったみたいで」というと再びマギーが大爆笑。たまらず鬼龍院が警察官に「どちらが怪しかったのでしょうか?」と聞いたところ「こちらの方です」と綾小路翔を指したという。

■ ABEDON「女性のキスをかけて勝負した」

最後は元氣志團のサウンドプロデューサー・ABEDON(阿部義晴/ユニコーン)。阿部との関係をバカリズムが問うと、綾小路が「本当に何から何まで、音楽から遊びまで全部教えてくれた大師匠です」と説明。阿部からは、テレビで放送ギリギリの秘密として「團長(綾小路)と、とある女性のキスをかけてダーツ勝負したin札幌」のタイトルが発表された。すると綾小路が「あの〜…」と口ごもり、バカリズムから「どう言えば大丈夫かを考えてるんですね。どう言えば印象いいか」と突っ込まれる。内容は、綾小路が仲良くなりかけていた女性のキスをかけて阿部とダーツ勝負した際、その彼女が服の裾あたりをピッと引っ張ってきた。これは「勝ってね!」のサインと知り、「負けられねぇ」とここ一番の大勝負に挑むもあっさり敗北。

阿部が優勝し女性とキスした後、「お前らにお裾分けだー」とメンバーと阿部がキス。その様子を見ていた彼女の顔が、「お前全然ダメ」と言わんばかりの形相で綾小路を睨みつけていた。という甘酸っぱくもほろ苦いエピソードを告白。スタジオは笑い声に包まれた。

次回は8月4日(金)、ゲストに三浦大知、BOYS AND MEN、家入レオ、西野カナ、OLDCODEXを迎えて放送する予定。