8月26日(土)から27日(日)にかけて放送される「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(日本テレビ系)で、ことしも羽生結弦選手がアイスショーを開催することが決定。羽生選手に憧れてスケートを始めたぜんそくの少年にスケートの指導も行い、病と闘う全国の子どもたちにエールを届ける。

ことし40回目を迎える「24時間テレビ40−」のテーマは「告白〜勇気を出して伝えよう〜」。さまざまな困難に立ち向かいながらその気持ちを伝えている人々にスポットを当て、希望と勇気を届ける。メインパーソナリティーは櫻井翔、亀梨和也、小山慶一郎。

羽生選手はこれまで3年連続で番組に出演。2014年は東日本大震災の被災地への思いを胸に、2015年は被災地・福島の少女たちの歌声に合わせて、2016年は熊本地震の被災地に勇気を贈るためアイスショーを開催してきた。

実は2歳のころに小児ぜんそくと診断されたという羽生選手は、世界の第一線で闘う思いなどを今回TV初告白。そして羽生選手と同じく幼少期から小児ぜんそくと闘う千葉の12歳の少年のために、羽生選手がSPなスケート教室、そして特別なアイスショーを開催。羽生選手の活躍を見てフィギュアスケートを始めたという少年にサプライズを贈る。

■ 羽生結弦選手コメント

(番組テーマの「勇気を出す」にちなみ、勇気の出し方について)自分が持っているものを一生懸命やるっていうのが、僕の勇気の出し方かなと思います。

やっぱり不安や恐怖とかあると思う、勇気を出さないといけない時って。それって多分、全力を出そうとしたりとか、一生懸命何かやろうとしている時に感じることだから、そう感じるということは既に勇気を出せているということ。

そのまま頑張れば勇気って出るんじゃないかなと思います。